何かついてると声をかけ女児の下半身を触った「野長瀬真哉」容疑者の詳細とは

北海道で女児にわいせつ行為をした会社員が逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

路上で遊んでいた小学校低学年の女の子2人の体を触るなどのわいせつな行為をしたとして逮捕された27歳の男が、下校途中の別の10歳未満の女の子の体を触ったとして再逮捕されました。  強制わいせつの疑いで再逮捕されたのは、札幌市南区に住む会社員の野長瀬真哉容疑者(27)です。  野長瀬容疑者は6月7日午後3時5分ごろ、同市東区の建物内で小学校低学年の女の子の下半身を触るなどわいせつな行為をした疑いが持たれています。  警察によりますと野長瀬容疑者は1人で下校途中だった女の子の後をつけて、「何かついているよ」などと声をかけてから体を触っていて、女の子が泣くとその場から逃走していました。  女の子から話を聞いた保護者が警察に通報し事件が発覚。捜査が続いていました。  野長瀬容疑者は5月17日に同市手稲区の路上で遊んでいた別の小学校低学年の女の子2人の体を相次いで触るなどわいせつな行為をしたとして、6月14日に逮捕されていました。  その後の捜査で今回の事件への関与も浮上し、7月5日に再逮捕しました。  調べに野長瀬容疑者は「やりました」などと容疑を認めていて、警察はさらに余罪などを調べています。

出典:北海道ニュースUHB

犯人の詳細について

写真未公開【名前】野長瀬真哉

【年齢】27歳

【性別】男性

【職業】会社員

逮捕されたのは、27歳の会社員「野長瀬真哉」容疑者です。

野長瀬容疑者は、下校中の小学生に「何かついているよ」と声をかけ、下半身を触ったとして逮捕されています。

他にも2名の女児にわいせつ行為をしたとして逮捕されていたようです。

容疑に対して「やりました」と容疑を認めているようです。

事件の起きた場所について

【住所】北海道札幌市南区

事件は「北海道札幌市南区」で起きたようです。

ネット上の反応

なんか北海道の犯罪が最近多いような気がしてならない。

自分の娘がこんな被害に遭ったら犯人を地の果てまで追いかけて重罰を与える。

もう性犯罪や虐待のニュースなんて見たくありません。

手っ取り早く、犯罪予備軍や再犯者が出ないような厳罰を犯人に与えて欲しい。

何故この様な変質者を終身島流しにしないのかが腑に落ちません。

国・都道府県で、こういう輩を回収する組織ができなものか。一生収容所に入れておける法律を作れないものか。

最後に

北海道で相次いで児童に対する性犯罪が明らかとなっていますね。

最近、児童に対する性犯罪が後を絶ちません。

罪をより一層重くするなどしてほしいですね・・・。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, ,