中学校の同級生誘い給付金詐欺 20歳女性「國井あみ」容疑者の顔が判明

持続化給付金を不正に受け取ったとして会社員の女性が逮捕されています。

逮捕された女性の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

中学校の同級生を誘って持続化給付金の嘘の申請をしたということです。  会社員の国井あみ容疑者(20)と当時19歳の少女は去年9月、新型コロナの影響で収入が減ったと嘘の申請をして国の持続化給付金100万円をそれぞれがだまし取った疑いが持たれています。  警視庁によりますと、国井容疑者はSNSを通じて知り合った少年(18)から嘘の申請の仕方など指示を受け、中学校の同級生だった少女を誘っていました。  国井容疑者ら2人は「遊ぶ金が欲しかった」などと容疑を認めているということです。

出典:ANN

犯人の詳細について

【名前】國井あみ

【年齢】20歳

【性別】女性

【職業】会社員

写真未公開

【名前】不明

【年齢】19歳

【性別】女性

【職業】不詳

逮捕されたのは、20歳会社員の女性「國井あみ」容疑者と同級生の19歳少女です。

2人は、SNSで知り合った18歳の少年から、給付金詐欺の手法を教わり、不正に受け取ったとして逮捕されています。

容疑に対して「遊ぶ金が欲しかった」と認めているようです。

ネット上の反応

今やっている飲食店への給付金も嘘が発覚したら返還&違約金発生するって明記されているからな。きちんと対処してほしいものだ。


必ず捕まるリスクは考えられないのだろう。一時の遊ぶ金欲しさに前科持ち将来絶望、若いのに働け。


同級生だが19と20の差。


遊興費目当てなら既にほとんど使ってしまったのだろう。
回収不可能で、尚且つ収容先での生活に掛かる経費を税金で賄う点に多くの国民は腹を立てる。僕もだ!

簡単に法案が通るはずもないし声を上げる議員がいても遅々として進まないけど。
こういう不心得者を収監する場合には、被害金額と刑務所内での食費や光熱費などを所内での労務で賄い、刑期で払いきれない場合は追徴労働を課してでも回収して欲しい。
殊に詐欺被害での金銭の回収は困難で、限りなく可能性の低い事案が多いと思う。少しでも国益を損なわぬように、また被害に遭われた方の暮らしを取り戻す意味でも加害者を許すべからずだ。

最後に

税金から出ている給付金を不正に受給している事実に国民として怒りを感じますね。

氷山の一角だと思うので、一網打尽してくれることを願うばかりです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, ,