牛刀で猫を刺した男「森本泰史」容疑者のSNSが判明か 犯行後の画像を載せていた模様

広島県で猫に牛刀を刺したとして男が逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

尾道市で猫2匹を牛刀で突き刺し傷つけたとして、26歳の男が動物愛護法違反の疑いで再逮捕されました。 再逮捕されたのは住所不定、自称・派遣社員の森本泰史容疑者(26)です。 警察によりますと森本容疑者は今月16日の朝、尾道市東土堂町にいた猫2匹を刃渡り18センチの牛刀で突き刺し傷つけるなどした動物愛護法違反の疑いが持たれています。 森本容疑者は今月18日に交番に自首し銃刀法違反で現行犯逮捕されていて、「猫を傷つけるために牛刀を所持していた」と供述。 警察が森本容疑者のスマートフォンに保存された動画などから犯行を特定し、27日、再逮捕しました。 調べに対し森本容疑者は「間違いありません」と容疑を認めています。警察が詳しい動機や経緯を調べています。

出典:テレビ新広島

犯人の詳細について

写真未公開

【名前】森本泰史

【年齢】26歳

【性別】男性

【職業】自称・派遣社員

【SNS】Twitter

逮捕されたのは、自称・派遣社員の男性「森本泰史」容疑者です。

森本容疑者は、尾道市で猫2匹に牛刀を刺したとして逮捕されています。

今月18日に交番に自首し銃刀法違反で現行犯逮捕されていたようです。

容疑に対して「間違いありません」と認めているようです。

問題のツイートとは?

仕事を辞めたかったようなツイートもあり、仕事でストレスをためていた可能性があります。

事件の起きた場所について

【住所】尾道市東土堂町

事件は「尾道市東土堂町」で起きたようです。

ネット上の反応

ひどい!
人間なら助けを呼ぶとか応戦とかできるけど、
話すこともできない小さな動物の猫を切るなんて・・。

犯人は同じ目に遭っていただきたい。法律の改正を希望します。


ネコさんは、人間が責任をもって大切に可愛がってあげるものです。動物虐待する男はエスカレートし、そのうち矛先が人間に、しかも女性や子供など自分より弱いものに向かうと思う。


止めよう、そういうことするの。
こんなに人と人の距離があって、仕事も楽しみもみんな上手く行ってない時だけど、弱い者を痛めつけてもなんの解決にもならない。
猫さんは優しいし温かい、見ているだけで癒されるのに。人も動物たちも懸命にみんな生きてるんだから。


軽い罪で済むことを見越しての確信犯、世間を騒がしたい、親兄弟に恥をかかせたい、イタズラくらいの感覚なら精神を病んでいる、親族は責任もって最低でも1,2年専門の病院に入院監視するべき、次は刃が近所の子供さんとか幼稚園や学校に向かう可能性がある

それにしても動物虐待の罪をもっともっと重くする法改正してほしい、それが追いつかないなら強制的にボランティアに参加させるとか保護観察下に置くとかしてほしい

最後に

牛刀を持ち歩いて動物を傷つけていた事実に驚きを隠せません。

下手したら人が刺されていた可能性を考えると恐怖ですね。

きちんと罪をつぐなってほしいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , , ,