10年間無免許で逮捕 静岡大学准教授「鈴木雄介」容疑者の詳細とは

無免許運転で大学准教授の男性が逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

8日午後、静岡大学准教授の男が無免許で車を運転をしたとして現行犯逮捕された。逮捕されたのは、伊豆市柏久保の静岡大学准教授鈴木雄介容疑者43歳。警察によると鈴木容疑者は8日午後8時頃、松崎町内で乗用車を無免許で運転した疑いがもたれている。鈴木容疑者が運転していた車のブレーキランプが切れていたため、パトロール中の警察官が職務質問をしたところ無免許運転が発覚したという。警察の調べに対し、鈴木容疑者は容疑を認めているという。

出典:Daiichi-TV(静岡第一テレビ)

犯人の詳細について

写真未公開

【名前】鈴木雄介

【年齢】43歳

【性別】男性

【職業】大学准教授(未来社会デザイン機構)

逮捕されたのは、大学准教授の男性「鈴木雄介」容疑者です。

鈴木容疑者は、無免許で車を運転したとして逮捕されています。

ブレーキランプが切れていたところを呼び止められ発覚しています。

10年前に免許取り消しとなった以降、運転し続けていたようです。

鈴木容疑者は容疑を認めているようです。

鈴木容疑者の勤務先とは

【施設名】静岡大学

【住所】〒422-8529 静岡県静岡市駿河区大谷836

鈴木容疑者は「静岡大学」で准教授を務めていたようです。

 

ネット上の反応

教育者に相応しくない。使用者責任は?勤務先管理として、通勤に車を利用している場合は、運転免許証・任意保険証・自動車検査証の確認は必須。

法律も守れないものが先生しているとは最低。生徒に悪影響過ぎる。また、大学にイメージを極端に貶める内容。解雇が妥当。

無免許運転と整備不良。相当、重い処罰になりますね。警察からも大学からも。

最後に

車が必要だったのかもしれませんが、無免許で運転してはいけないことは誰しもが分かることだと思います。

このような犯罪で逮捕されては、生徒側や大学も迷惑をこうむることになります。

面倒くさがらずにきちんと免許取得しておけばよかったですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2021 All Rights Reserved.