無職「小野啓一」容疑者の顔が判明 未成年に避妊薬を譲る対価にみだらな行為

SNSで知り合った未成年にみだらな行為をしたとして男が逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

SNS上での避妊薬の売買を通じ知り合った女子中学生にホテルでみだらな行為をしたとして、東京・昭島市に住む43歳の無職の男が警視庁に逮捕されました。  児童買春の疑いで逮捕されたのは、昭島市の無職・小野啓一容疑者(43)で、去年4月、当時13歳の女子中学生が18歳未満だと知りながら、避妊薬を渡して立川市内のホテルでみだらな行為をした疑いがもたれています。  警視庁によりますと、小野容疑者はSNSで避妊薬を転売していて、この女子中学生とは緊急避妊薬を販売したことをきっかけに知り合いました。その後、小野容疑者はメールで、低用量ピルの服用を勧めて譲る約束をしたうえで会い、犯行に及んだということです。  取り調べに対し、小野容疑者は容疑を認めたうえで、「性的な好奇心からだった」などと供述しているということです。

出典:JNN

犯人の詳細について

【名前】小野啓一

【年齢】43歳

【性別】男性

【職業】無職

逮捕されたのは、無職の男性「小野啓一」容疑者です。

小野容疑者は、SNSで知り合った女性に避妊薬を譲る約束をし、みだらな行為をしたとして逮捕されています。

容疑に対して「性的な好奇心からだった」と認めているようです。

事件の起きた場所について

【住所】東京都立川市

事件は「東京都立川市」のホテルで行われたようです。

ネット上の反応

この男は言語道断だけど、
女性側も色々気になる


やはり子供にスマホを持たせるのはリスクがある。それでも持たせるのであれば、保護者が登録した限られた所にしか通話ができないケータイにするしかないよね。パソコンでも変なやり取りしていないかなど、逐一親のスマホなりに転送されるとかさ。


緊急避妊薬の薬局販売の議論で悪用が心配されてるけど、現実はこうだよね。婦人科受診して数万払うハードルが高いから、個人輸入して悪用する人がいる。薬局で安く手に入るようになったら少なくともこの手の悪用はできなくなるはず。


すぐに知りたい事が簡単に情報として得られ、つぶやくところもある。
家庭でも学校でももう授業としてSNSの怖さや法律、使い方を教えないといけなくなってきたのかな。そして性教育の徹底。
これは家庭でも課題だな。

最後に

未成年がSNSを利用して、知らない人と連絡を取ることが容易になっています。

スマートフォンを持たせるときには規制をかけるなど対策が必要なのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,