警察官のストーカー行為を未公表 ストーカー容疑で書類送検の警部補とは?

長野県で警察官の男が女性をストーカーしたとして書類送検されています。

書類送検された警察官の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

職務で知り得た情報を基に長野県内の女性につきまとうなどストーカー行為をしたとして、長野県警が本部勤務の男性警部補(59)をストーカー規制法違反と県個人情報保護条例違反の疑いで、長野地検に書類送検していたことが県警への取材でわかった。男性は10月15日付で減給10分の1(6か月)の懲戒処分を受け、同日依願退職したが、県警はこれまで公表していなかった。  県警によると、男性は7月、面識のない30歳代の女性に好意を抱いて声をかけ、職務で女性の自宅住所などを調べて不正利用し、7月中に計2日間、つきまとうなどのストーカー行為をした疑いがあるという。女性から警察署に相談があり発覚した。  男性は事実関係を認め、「女性に怖い思いをさせてしまい、申し訳なく反省している」と話しているという。公表しなかった理由について、県警監察課は「関係者のプライバシーや捜査への影響などを総合的に判断した」としている。

出典:読売新聞オンライン

犯人の詳細について

写真未公開

【名前】不明

【年齢】59歳

【性別】男性

【職業】元警察官

書類送検されたのは、元警察官の男です。

男は、職務で声をかけた女性に行為を抱き、住所を調べて不正に利用したストーカー行為の容疑で書類送検されています。

2日間つきまとわれ、被害者の女性から警察に相談があったようです。

容疑に対して「女性に怖い思いをさせてしまい、申し訳なく反省している」と認めているようです。

警察官の勤務先とは

【施設名】長野県警察本部

【住所】〒381-0000 長野県長野市南長野幅下692−2

逮捕された警察官は「長野県警察本部」で務めていたようです。

ネット上の反応

警察という立場を利用して住所などの個人情報を入手してるんだかられっきとした犯罪です。
その女性は怖くて家にも帰れない、引っ越しを余儀なくされるかもしれません。慰謝料もその警察官に請求するべきでしょう。


警察の不祥事が絶えないのは嘆かわしい。現場で頑張っている警察官も多い中、警察官としてのモラルに欠ける人物が警察への信頼感を失わせている。思えば、同級生の中で、正義感もないどうしようもない人間が、一般企業に就職できずに唯一権力を振りかざす事ができる警察官になっている人間が多くいたなぁ


職権濫用も甚だしい。
59歳と年齢も年齢でベテラン感のある警察官から声かけられて、女性も動揺しただろうと思うし、その後のストーカー行為は本当に気持ち悪い。
警察官は毎年適性検査みたいなのを実施したらいいんじゃない?


減給10の1、六か月これが警察の処分。依願退職は、
この犯罪警察官の自己都合で、警察内規による処分
では無い。警察官による警察情報を利用した犯罪に
は、刑法を改革して厳罰を科して欲しい。この類の
事件も多過ぎる。

最後に

なぜ今まで公表してこなかったのか不思議でなりません。

職務で得た情報を不正に利用してストーカーをするのはれっきとした犯罪だと思いますが・・・。

その犯行を公務員、ましてや警察官がやっていたのであれば真っ先に公表すべきだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,