賄賂を受けて違法車を不正に車検 社長「玉井峯夫」容疑者の顔が判明

千葉県で不正に違法車を車検に通したとして民間車検場の社長らが逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

違法改造ダンプカーの車検を不正に通した疑いで逮捕された民間車検場の社長の男らが、報酬を受け取っていた疑いで警視庁に書類送検された。 千葉県の民間車検場社長の玉井峯夫容疑者(76)らは、富津市のバイク店代表の男からバイク7台の車検を不正に通すよう依頼され、報酬として現金7万円を受け取った収賄の疑いで書類送検された。 玉井容疑者らは、500台以上のバイクの不正車検を繰り返し、500万円以上の賄賂を受け取るなどして、4億4,000万円の報酬を得ていたとみられている。

出典:FNN

犯人の詳細について

【名前】玉井峯夫

【年齢】76歳

【性別】男性

【職業】車検場社長

逮捕されたのは、民間車検場の社長「玉井峯夫」容疑者です。

玉井容疑者は、違法に改造されたダンプカーやバイク等を不正車検したとして逮捕されています。

過去にも不正車検を繰り返しており、4億400万円の報酬を受けていたようです。

社長らは容疑を認めているようです。

事件の起きた場所について

【住所】〒299-1607 千葉県富津市湊1227−2

不正車検を行っていたのは民間車検場「玉井車両」のようです。

ネット上の反応

まだまだペーパー車検やってる民間は多いよ。
旧車、トラックなどでは当たり前の世界。
んじゃ聞くが250ccまでの二輪車は車検無し、それ以上は有りだけど、部品点数も同じ、機構も同じ、
なんで? 税金や料金や違反など、取りやすい処から取るシステムこそ見直す必要あるんじゃないか?

口コミで拡がるんだよね、こうやってヤミで車検を通すクルマ屋。

依頼者も車検が通るようにする費用、手間を掛けるよりもヤミと知って費用を多く払って車検を通してもらう。

そしてそのうち垂れ込みがあって監査が入り御用となる。

今民間車検場だと整備中(タイヤを外した状態)の車輌の証拠写真をナンバープレートと工場の背景も写るように撮らなきゃいけないけど、
バイクの民間車検も整備中の写真を撮るのかな。

こういう不正は今後の見せしめのため、法的に厳しく罰してほしい。また、改造車を見かけたら簡単に通報出来るようなシステムだとありがたい。

車検は不正改造車や整備不良を許可しない為にも存在しているので、闇車検は元も子もないですね。
車底の地上高が、ギリギリ低くて車検難しいなんてときに、タイヤ空気圧をあげて少し高さを稼いだりするってのも話に聞きますがね。それもほぼアウトだとおもいますけど。

最後に

たまに爆音で街中を走っている車両を見ることがありますが、このような業者に頼んでいるのでしょうか?

このような事件があると、民間の車検場がこのような不正をやっているのではと、疑問に感じますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.