児童ポルノで1億超の収入を得た無職「斎藤大輔」容疑者の顔が判明

児童ポルノ動画を販売していた無職の男が逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

アダルトサイトで児童ポルノ動画を販売したとして、埼玉県に住む無職・斎藤大輔容疑者(38)が3日、児童ポルノ禁止法違反などの疑いで逮捕されました。警察は斎藤容疑者が、これまでに1億円を超える収入を得ていたとみて調べています。  警察によると斎藤容疑者は今年6月、アダルト動画などの販売サイト「AV Market」上で、8歳から12歳とみられる少女の裸の動画1点を販売した疑いが持たれています。  サイバーパトロールをしていた警察官が捜査で動画を購入し、その出品者が斎藤容疑者だったことから容疑が浮上しました。  調べに対し斎藤容疑者は黙秘しており、警察は斎藤容疑者が約4年前から販売サイトを利用し、1億1000万円を超える収入を得ていたとみて動画の入手ルートなどを調べています。

出典:中京テレビNEWS

犯人の詳細について

【名前】斎藤大輔

【年齢】38歳

【性別】男性

【職業】無職

逮捕されたのは、38歳の無職「斎藤大輔」容疑者です。

斎藤容疑者は、児童ポルノ動画を「AV Market」で販売したことで逮捕されています。

サイバーパトロールの捜査で警察官が動画を購入し、販売元を特定したとのことです。

1億円を超える収入を得ていたことも判明しています。

参考

【児童ポルノ販売禁止法とは】

不特定又は多数の者に対する児童ポルノの提供、画像データの送信、又は児童ポルノの公然陳列
5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金又はその併科。

出典:泉総合法律事務所

ネット上の反応

一億も稼げるんじゃやめるわけないよね。
何度も刑務所入ってるような人間じゃ、逮捕されることも大したダメージにならないし。

購入者数が多いというより違法モノだし、客単価が高そう。
児童買春のために海外まで行くような奴もいるもんな。
購入者も逮捕されてほしい。

この様な犯罪には日本の刑罰は甘すぎる。
執行猶予無しの長期懲役刑と全財産、隠し財産など全て没収し多額の罰金も科せるように法改正しなければ駄目です。

金と引き換えに他人の子供の未来を奪う人生は楽しいですか?
自分の子供でも同じように販売できるんですか?
あなたが子供の頃に夢見た自分は今のあなたの姿ですか?
かっこ悪い自分になる努力なんかやめちまえ。

需要があるから供給する
薬物も同じ。

人間である以上、聖人な人なんかいないんだよ。
心に妬みや嫉みは誰にでもある。
だから犯罪は絶対に無くならない。
無くなって欲しいとは願うけどね。

最後に

未成年を食い物にして稼いでいたことを考えると許せない事件ですね。

販売で売り上げがるということは、買っていた人がいることになります。

児童ポルノは所持していただけでも罰せられるので、購入者も取り締まってほしいところですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.