大阪府の自称消防士、陸上大会の男子トイレで盗撮し逮捕される ネットで大会の詳細を知る

大阪府で中学生の陸上大会で、男子トイレで盗撮したとして自称消防士の男が逮捕されています。

逮捕された消防士の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

中学生の陸上競技大会会場の男子トイレで盗撮したとして、兵庫県警須磨署は8日、自称大阪市消防局の消防士の男(27)を県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は同日午前7時ごろ、神戸総合運動公園(神戸市須磨区緑台)のトイレで、仕切り壁の上からスマートフォンを差し入れて、用便中の男子生徒(13)を撮影した疑い。容疑を認めているという。  同署によると、公園内では同日、神戸市の中学校陸上競技秋季記録会が開かれており、多くの中学生が集まっていた。同容疑者は「ネットで大会があると知って公園に来た」などと話しているという。

出典:神戸新聞NEXT

犯人の詳細について

写真未公開

【名前】不明

【年齢】27歳

【性別】男性

【職業】自称・消防士

逮捕されたのは、大阪府の自称消防士の男です。

男は、中学生の陸上大会で、男子トイレの中で盗撮したとして逮捕されています。

スマートフォンを差し入れてカメラで撮影したようです。

容疑に対して「ネットで大会があると知って公園に来た」と認めているようです。

事件の起きた場所について

【施設名】神戸総合運動公園

【住所】〒654-0163 兵庫県神戸市須磨区緑台

事件は「神戸総合運動公園」で行われた陸上競技記録会中に行われたようです。

最後に

地域で行われている運動大会はHPに載っていたりします。

このような犯罪があると、ネット上での告知ができなくなってしまいます。

保護者だけが招待するなど対策していると思いますが、トイレなどに隠れられると防ぎようがないところが怖いですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.