知的障害の小学生にわいせつ・撮影 障害施設職員「宮本孝征」の顔が判明

東京都で障害者施設の職員が、知的障害の少女にわいせつ行為をしたとして逮捕されています。

逮捕された職員の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

知的障害のある女の子に、繰り返しわいせつな行為をした疑いで、障害者施設の職員だった男が逮捕された。 宮本孝征容疑者(44)は、東京・葛飾区の障害者施設の職員だった2019年、この施設に通っていた知的障害のある小学生の女の子にわいせつな行為をして、スマホで裸の写真を撮影した疑いが持たれている。 警視庁が、9月に別の事件で宮本容疑者宅を家宅捜索した際、女の子の画像が見つかり、事件が発覚した。 宮本容疑者は、施設の事務室や自宅で、十数回、わいせつな行為に及んでいたとみられているが、調べに対して、「同意のうえだった」と供述している。

出典:FNN

犯人の詳細について

【名前】宮本孝征

【年齢】44歳

【性別】男性

【職業】障害者施設職員

逮捕されたのは、東京都の障碍者施設の職員「宮本孝征」容疑者です。

宮本容疑者は、知的障害を持つ女子小学生にわいせつ行為をし、裸を撮影したとして逮捕されています。

十数回にわたってわいせつ行為に及んだとのことです。

容疑に対して「同意のうえだった」と供述しているようです。

事件の起きた場所について

【住所】東京都・葛飾区の障害者施設

事件は葛飾区の障害者施設で起きたようです。

ネット上の反応

同意の上だったら何なんだ。
こんな歳で、よくわかってない、また恐くて言えないだろう子に、こんないい歳した大人で守るべき立場の人が。
異常、人じゃない。
絶対に許せない。

被害者本人ももちろんだが、親御さんの気持ちを考えると居たたまれない。
色々悩んだ上で行かせた施設だろうに…。
こんな目に遭うなんて、いったい誰を信頼すれば良いのだろう。

小学生相手に、同意の上だったと? 狂ってる。同意の訳がない。立場を利用してやりたい放題しただけ。執行猶予などつけずに長い実刑にして。出所したとしても足にGPSつけて管理して欲しい。日本もそれをやらなきゃ!

知的障害がなくても、同意が認められる年齢でもないし、女児にされていることの意味が別れとも思えない。二度と児童と関わる仕事にはついてほしくない。今はわからないが、今後されたことの意味がわかっって来る。心のケアを十分してあげてほしい。

最後に

強制わいせつ罪では、13歳未満の児童の性的同意能力はないと定義されています。

言葉上で同意していたとしても、罪になる可能性が非常に高いです。

児童に対してそのような欲求があること自体が良くないことだと思いますが…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.