上履き隠しの犯人は教師だった 小学校教諭「井上浩一」容疑者の勤務先とは?落書きなど約100件の被害

東京都の小学校で、児童の上履きをロッカーに隠したとして、教師の男が逮捕されています。

逮捕された教師の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

勤務先の小学校で児童の上履きを隠したとして、警視庁は15日、東京都日野市程久保8丁目の小学校教諭、井上浩一容疑者(38)を器物損壊容疑で逮捕し、発表した。調べに対し、「心当たりがない」と供述しているという。  五日市署によると、井上容疑者は5~6月ごろ、勤務先の東京都あきる野市の市立小学校で、児童3人の右足用の上履き3点を教員用の更衣室のロッカーに隠し、使えなくした疑いがある。防犯カメラの映像やほかの教諭への聞き取りなどから判明したという。  署は9月下旬、別の児童の防災ずきんにペンで「しね」、絵の具セットに「きしょいよきみ」と書いたとして、井上容疑者を器物損壊容疑で逮捕していた。この事件については容疑を認め、「他の教員へのうさばらしだった」と供述しているという。井上容疑者は2017年4月からこの小学校で勤務していた。  学校では3年ほど前から、児童の持ち物が隠されたり、落書きされたりする被害が約100件起きているといい、関連を調べている。

出典:朝日新聞デジタル

犯人の詳細について

写真未公開

【名前】井上浩一

【年齢】38歳

【性別】男性

【職業】小学校教師

逮捕されたのは、東京都の小学校教師「井上浩一」容疑者です。

井上容疑者は、自身が勤めていた小学校で生徒の上履きを隠したとして再逮捕されています。

他にも同小学校で、「しね」などの落書きや児童の持ち物を隠すなど約100件の被害で逮捕されています。

上履きを隠した件は「心当たりがない」と否認していますが、自身のロッカーで上履きが発見されています。

落書きなどの件は「他の教員へのうさばらしだった」と認めているようです。

井上容疑者が勤めていた小学校とは?

【学校名】あきる野市立増戸小学校

【住所】〒190-0142 東京都あきる野市伊奈1173

井上容疑者は「あきる野市立増戸小学校」で教師をしていたようです。

ネット上の反応

他の教員への憂さ晴らしを、児童の持ち物に行う理由がわからない。
強いものに刃向かえないから、弱いものをターゲットにする。
これ、完全にいじめと同じ構図だよね?いじめについて指導するのが先生だよね?
いや、この男は先生じゃないな。

>「他の教員へのうさばらしだった」と供述しているという

憂さ晴らしの方法も、捌け口の向け先も、何もかも間違ってしまっている。
余罪が疑われる件数も半端ではないが、割れ窓理論とか考えると「軽微だから咎めない」のではなく「軽微な犯罪も起きないようにする」必要があると思う。

この先生もいろいろあったんだろう。でもそれを子どもに向けるのは間違ってる。

あと、子ども同士のいじめで物を隠したり、壊したりする子どもたちにも何か処罰あればいいのに。

病んでるなあ…。
よく3年も発覚しなかったものだ。

上履き隠しや落書きは陰湿な苛めの常套手段。
子供達の間でも疑心暗鬼になって亀裂が入ったりしなかっただろうか。
少なくとも保護者はどれだけ心配だったことか。

力になってくれる筈の教師がやっていたとは、目も当てられない。

一人のおかしな教師のために、子供達が大人への信頼を失わないことを願います。

最後に

職員への不満があるのは仕方がない事だと思いますが、憂さ晴らしに生徒を利用するのは良くないですね。

教師とは、本来はこのようないたずらを注意していく立場だと思います。

小学校で起きたいたずらが、まさか教師によるものだったとは誰も思わないですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.