ALSOK社員、警備先のビルで190万円パクる 「梅山了太」の顔が判明!

大手警備会社ALSOKの社員が、警備先で窃盗したことで逮捕されています。

逮捕された社員の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

ALSOKの元警備員が、警備中に弁護士事務所からおよそ190万円を盗んだ疑いで警視庁に再逮捕された。 ALSOK東京の元社員の梅山了太容疑者(26)は、2020年4月から7月にかけて、複数回に渡り、東京・千代田区のビルを巡回警備中、弁護士事務所の机や金庫からあわせておよそ190万円を盗んだ疑いが持たれている。 調べに対し、梅山容疑者は「パチスロで借金があった。借金を返して、またパチスロをやりたかった」と容疑を認めているという。 梅山容疑者は警備業務中に、同じ弁護士事務所を物色した罪で、すでに逮捕・起訴されている。

出典:FNN

犯人の詳細について

【名前】梅山了太

【年齢】26歳

【性別】男性

【職業】警備会社社員

逮捕されたのは、ALSOKの元社員「梅山了太」容疑者です。

梅山容疑者は、ALSOKの警備業務中に、弁護士事務所から約190万円を盗んだとして逮捕されています。

複数回にわけて犯行に及んだようです。

容疑に対して「パチスロで借金があった。借金を返して、またパチスロをやりたかった」と認めているようです。

事件の起きた場所について

【住所】東京都千代田区

事件は「東京都千代田区」の弁護士事務所で起きたようです。

ネット上の反応

パチスロは、数千円が何十万円になる事があるし5万~10万円、1日で無くなる事もある。金が無くなるとパチスロ行って勝負する。ほとんど負ける。勝ったら勝ったで贅沢をし、少しの借金返済に回す。こういう状態の人は、たくさんいますよ。ただ犯罪は、しないのが普通。警備会社は、借金がある人は、契約しなければ良いこと。お金や貴重品を守るのが警備会社、その警備会社の社員が窃盗。ALSOKの株 下がるわ。

ALSOKが一番気にするのはレピュテーションリスク。本業である警備という仕事を主軸にする同社のレピュテーションを著しく毀損させた罪は重い。こういう社員を出した経営陣にも責任はある。

ALSOKの子会社で働いているけど、こういうやつがいると周囲も同じ目で見られるから悲しくつらい。遊びも大事だけど、ほどほどにしておかないと。

こう言ったことがあると
警備会社も信用問題になるが
難しいよね。借金ある人は採用しないとか
借金したら解雇するとは出来ないからね。
パチスロ、ギャンブルは正しい判断力を
失う。依存症おそるべし。

最後に

警備会社は信用が何よりも重要だと思います。

ALSOKは過去にも似たような事件を起こしており、信用が落ちてもおかしくない状況になっています。

このような事件が起きてしまうと、ユーザーとしては誰も信用できなくなります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.