車で人を撥ねるも気づかずひき逃げ 無職の女性「三品洋子」の顔が判明か!?

北海道で車で人をひき逃げしたとして、無職の女性が逮捕されています。

逮捕された女性の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

苫小牧市で14日、犬の散歩をしていた男性が死亡したひき逃げ事件で、逮捕された女は「キツネをひいたと思った」などと話していることが分かりました。  ひき逃げなどの疑いで16日、送検されたのは苫小牧市の無職三品洋子容疑者です。  三品容疑者はおととい夜、苫小牧市の市道で犬の散歩をしていた、近くに住む浅野豊さんを乗用車ではねて死亡させ、そのまま逃走した疑いが持たれています。  その後の調べで、三品容疑者は「キツネをひいたと思った」などと容疑を否認していることが新たに分かりました。  三品容疑者は事件から約10分後に現場に戻ってきていました。  警察は散歩中の犬が道路に飛び出し、浅野さんが道路に出たところをはねられた可能性もあるとみて調べています。

出典:北海道ニュースUHB

犯人の詳細について

【名前】三品洋子

【年齢】66歳

【性別】女性

【職業】無職

逮捕されたのは、無職の女性「三品洋子」容疑者です。

三品容疑者は苫小牧市の道路で、犬を散歩していた男性をひき逃げし死亡させたとして逮捕されています。

容疑に対して「キツネをひいたと思った」と否認しているようです。

事件の起きた場所について

【住所】北海道苫小牧市

事件は「北海道苫小牧市」の市道で起きたようです。

北海道はキタキツネがよく出没することでも有名です。

ネット上の反応

以前運転していた時に突然衝撃を感じ、車を止めて降りてみたら、強風で飛んできた段ボールだったことがありました。
段ボールでさえそれなりに衝撃があったのに人をひいたならかなりの衝撃だったはず。
普通であれば降りて何にぶつかったか、車に傷ができていないか確認するのではないかとおもいますが…。

バンパーもフロントガラスも割れた状態なのにキツネを跳ねたというのは理解出来ない。
事故後 現場に戻って来た時点で身に覚えがあるのだと思う。
被害者も飼い犬も亡くなっているので
それ相当の衝撃はあったはず。

キツネを轢いたと思ったにせよ(噓くさいけど)、自分の運転している
車が壊れるほどの衝撃があったら、何だろう?と現状確認するのが
ドライバーとしての常識でしょうが。

すぐに通報すれば助かったかも知れないし、キツネを轢いたとしても
ちゃんと道端に寄せるくらいの気持ちは持って欲しいわ。

最後に

仮にキツネを轢いたと思ったとしても、事故を起こしたのであれば一度は車を停めて確認すべきでしょう。

北海道ではキツネを轢いても無視しているのでしょうか?

すぐに確認していれば助かったかもしれない命なだけに悲しい事件ですね。

ドライバーとして最低限の義務は守ってほしかったです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.