京アニ事件模倣? 講談社に殺害予告をした「下地寛之」の顔が判明 小説を1次審査で落とされ

講談社に殺人予告をしたとして沖縄県の男性が逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

大手出版社の講談社に対しツイッターで無差別殺人を予告したとして、44歳の男が警視庁に逮捕されました。男は、「小説が審査で落とされ納得がいかなった」と供述しています。  逮捕されたのは沖縄県読谷村の職業不詳・下地寛之容疑者(44)です。下地容疑者は今年5月、自身のツイッターで講談社に対し「牛刀でめった刺しにしながら編集長のところに行って殺してやる。編集部の全員を刺し殺して万歳だ!」などと複数回投稿し、業務を妨害した疑いがもたれています。  下地容疑者は、「小説を応募したが毎回1次審査で落とされ納得できなかった」と容疑を認めているということです。下地容疑者は、実際に講談社に小説を応募していましたが、いずれも落選していたということで、講談社は「恐怖を感じた。京都アニメーションの事件を模倣したのかどうか捜査してほしい」とコメントしています。

出典:JNN

犯人の詳細について

【名前】下地寛之

【年齢】44歳

【性別】男性

【職業】不詳

逮捕されたのは、沖縄県の職業不詳「下地寛之」容疑者です。

下地容疑者は、講談社に小説を審査してもらいいずれも1次審査で落選していることに腹を立てて無差別殺人予告をしたとして逮捕されています。

容疑に対して「小説を応募したが毎回1次審査で落とされ納得できなかった」と認めているようです。

 

小説を書くには文才も必要なうえ、売れる作家は本当に一握りだと思います。

講談社は大手の出版社なので、数多くの小説が審査から落ちていることでしょう。

その中のひとつだったと考えると仕方がないのかなと思います。

本当に売れる小説だと考えるのであれば、他の出版社に審査してもらっても良かったと思いますが・・・。

ネット上の反応

他者に迷惑かけないで夢を追うのは自由だけど
迷惑かけた以上諦めも大事...まずは社会復帰する為に一年位刑務所で刑務作業に従事すればいいじゃないの...

小説を書いてるなら文才で訴えればよろしいのに。
威力業務妨害という犯罪行為に走るとは安易では。

威力業務妨害。だから講談社だけで無く他社にも出して、講談社も一次選考落ちも犯人の執筆のセンスが無いのかなと。

最後に

大手アニメーション会社「京都アニメーション」で似たような動機で無差別殺人が行われており、油断できない状態が続いています。

とはいえ数多くある一つの出版社が売れないと判断しただけで、他の出版社で審査してもらえればいい返事が来たかもしれません。

講談社にこだわる理由があったのでしょうか・・・?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.