飲酒運転で2名死傷させた女性「栗原七海」の顔が判明 怖くなって逃げた模様

群馬県で飲酒運転が原因で2名の高齢者を死傷させた女が逮捕されています。

逮捕された女の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

群馬・前橋市で11日、2人が死傷した飲酒ひき逃げ事件で、逮捕された20歳の女が、「酒を飲んでいて、怖くなって逃げた」と供述していることがわかった。 アルバイトの栗原七海容疑者(20)は、11日朝早く、前橋市で酒を飲んで車を運転して、対向車線を走行していた車2台と衝突し、現場から逃げた疑いが持たれている。 この事故で、78歳の男性が死亡し、68歳の男性が重傷を負った。 栗原容疑者は、車を乗り捨てていたが、すぐに自ら110番通報していて、調べに対して、「酒を飲んでいて、怖くなって逃げた」と供述している。 当時、栗原容疑者は、友人と食事をした帰りだったとみられ、警察は飲酒量などを調べている。

出典:FNN

犯人の詳細について

【名前】栗原七海

【年齢】20歳

【性別】女性

【職業】アルバイト

逮捕されたのは、20歳の女性「栗原七海」容疑者です。

栗原容疑者は、飲酒運転をして2名の高齢者が運転する車に衝突・死傷させた上に逃げたとして逮捕されています。

容疑に対して「酒を飲んでいて、怖くなって逃げた」と認めているようです。

 

20歳という飲酒が合法となって間もない年齢です。

免許を取得している以上、飲酒運転の危険性についてはよく知っているでしょう。

結果正確な判断ができずに人を死なせているわけですから、怖いと言いたいのは他のドライバーでしょう。

事件の起きた場所について

【住所】群馬県前橋市三俣町

事故が起きたのは「群馬県前橋市三俣町」のバイパスで起きたようです。

事故の様子を見る限り、結構なスピードが出ていたことが予想されます。

ネット上の反応

自動車は安全に運転すれば便利なもの。しかし無謀な運転すれば凶器にもなる。飲酒運転で死亡事故を起こせば殺人罪、取締りなどでわかれば殺人未遂罪で逮捕でもいいと思う。

まだ二十歳 免許も取って2年以内か(無料で取得した免許でもなかろうに?)お酒も法的には20歳からなので、飲み方にも注意が必要な年齢(未成年から飲んでいたような感じではあるが?)。保険は下りないし、親御さんも責任があるので、お灸をすえて反省して下さい。人の命とはどういう物か考えて一生かけて償って下さい。

免許証没収。飲酒・運転殺人犯に無期刑以上、やって多額の賠償・罰金、だから代行か車を置いて公共の交通機関を。

最後に

飲酒をすれば正確な判断が出来なくなるというのは実体験で分かっていることだと思います。

事故を起こす可能性、人を殺めてしまう可能性を考えると、とても運転できる状況ではないと判断できるはずだと思います。

若気の至りでは済ませられない事故ですが、重い罪を犯したことを自覚して反省してほしいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.