児童ポルノ画像を販売した男「本間誠二」が逮捕!購入者顧客情報が伏字で公開

札幌市の自称会社員が児童ポルノ画像を販売したとして逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

海外を拠点に児童ポルノの販売サイトを運営していた44歳の男が女の子の裸の画像を販売したとして再逮捕されました。  再逮捕されたのは、札幌市の自称・会社役員の本間誠二容疑者(44)です。  本間容疑者は去年6月、運営していた児童ポルノ動画などの販売サイト「AVMarket」で、女の子の裸の画像を販売した疑いが持たれています。  調べに対し、本間容疑者は、「わいせつなものを売っていたのは間違いないが、児童ポルノはすすんで売ってはいない」と容疑を否認しています。  また愛知県警は、本間容疑者や既に逮捕されている共犯の男2人が代表を務め、「AVMarket」など販売サイトを運営していた3つの会社についても児童ポルノ禁止法違反の疑いで書類送検しました

出典:東海テレビ

犯人の詳細について

【名前】本間誠二

【年齢】44歳

【性別】男性

【職業】自称・会社員A

逮捕されたのは、札幌市の自称・会社員「本間誠二」容疑者です。

本間容疑者は、海外を拠点に運営していた販売サイト「AV Market」で、児童ポルノ画像を販売したとして逮捕されています。

容疑に対して「わいせつなものを売っていたのは間違いないが、児童ポルノはすすんで売ってはいない」と容疑を否認しています。

 

本間容疑者のサイトは個人が商品を出品して、売り上げの一部を手数料で貰う形式になっています。

運営者として確認作業が必要で落ち度があったと思いますが、販売していた人の方が悪質な犯罪に手を染めているように思えます。

一方で30億の売り上げがあったことから、児童ポルノ画像を購入していた輩がいるわけです。

伏字ではあったものの、購入者情報も公開されていることから、個人の特定はすぐそこまで来ていると思います。

児童ポルノは所持しているだけでも犯罪なので、ぜひ取り締まっていってほしいですね。

ネット上の反応

すすんで売ってはいないけど
商品?として売っていれば
すすんで…て事になるんじゃないの。

「進んでは」って付ければ罪状が軽くなるのだったら、犯罪者は全員そうするわ。
進んでは殺人していない。
進んでは飲酒運転していない。
便利な言葉やな。

ここのサイトは、今回逮捕された本人たちが画像や動画をアップしていたわけではなくて、個人会員が販売者登録してサイト利用者にダウンロード形式でデータ販売をするって仕組みだった。当方が見たときは販売ファイル数が7万点を超えていた。
だから、彼らの肩を持つわけじゃないけど「進んで売っていたわけではない」「チェックし切れていなかった」っていうのは本心なんだと思う。実際運営者3人でその数のファイルをチェックするのはどう考えても無理。
しかもサイトのトップには「児童ポルノのアップロードは禁止」と明確に記載があった。

つまりこの件の本質は実は捕まった彼ら3人ではなく、サイト上で合法の成人動画を販売する人に混じって「違法」なものを販売者として売っていた個人会員がピックアップされるべきなの。そこがフューチャーされないと、いくらサイトを潰したところでいたちごっこになることは明白。

最後に

児童ポルノを売る側も買う側も双方ともに犯罪者に近い人間だと思います。

実際に児童ポルノ禁止法を違反しているわけですから、今回公開された購入者リストから特定して逮捕してほしいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.