ニート、暇すぎて落書きを繰り返す 逮捕された「吉原昇汰」「園藤昌士」の詳細やしょうもない落書きとは?

石川県で高架下にスプレーで落書きしたとして無職の男二人が逮捕されています。

逮捕された無職の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

金沢市内にある北陸新幹線の高架橋の橋脚部分に落書きをしたとして、無職の男2人が逮捕されました。県内では今月に入り落書きの被害が相次いでいて、警察が関連を調べています。

器物損壊の疑いで逮捕されたのは、いずれも無職で金沢市御所町2丁目の吉原昇汰容疑者25歳と野々市市堀内3丁目の園藤昌士容疑者24歳です。

2人は共謀してことし3月22日から23日ごろ、金沢市八日市2丁目の北陸新幹線の高架橋の橋脚部分にスプレーで落書きをした疑いがもたれています。落書きは青や赤のカラースプレーを使って描かれていて、絵柄やアルファベットなど十数カ所にわたるということです。高架橋の所有者であるJR西日本からの被害届を受けた警察が防犯カメラの映像などから二人を割り出しきのう逮捕しました。

新幹線高架橋の落書き
今月に入り相次ぐ落書き被害
今月に入り金沢市内や野々市市内などでは落書きが相次いで見つかっています。

このうち今月11日に落書きが見つかった野々市中央公園の運動広場では地元の野球協会やソフトボール協会のメンバーがボランティアで落書きを消す作業にあたりました。

調べに対し2人はともに容疑を認めていて、他にも多数の落書きを繰り返したとほのめかしているということで、警察が関連を調べています。

出典:MROテレビ

犯人の詳細について

写真未公開

【名前】吉原昇汰

【年齢】25歳

【性別】男性

【職業】無職

写真未公開

【名前】園藤昌士

【年齢】24歳

【性別】男性

【職業】無職

逮捕されたのは、石川県に住む2人の無職「吉原昇汰」「園藤昌士」容疑者です。

吉原容疑者と園藤容疑者は、北陸新幹線の高架下で、カラースプレーを用いて落書きしたとして逮捕されています。

防犯カメラの映像などで犯人の特定・逮捕に至ったようです。

供述で余罪をほのめかしているようで、捜査が続けられています。

 

落書きは無関係のボランティアの方々が消す作業をしています。

無職で時間があるとはいえ、世の中に迷惑をかけるのは最低の行為です。

もっと有用なことに時間をかけて欲しいものですね。

どの様な落書きをしていた?

無職の2人は、上記のような文字とタバコを加えた人の様な落書きをしています。

とても芸術とは言えないような落書きに見えます。

バンクシーの様な話題性のある芸術家になりたかったのかは不明です。

ネット上の反応

勿論許されない行為なのだが、北陸新幹線も東へ高崎まで伸びているもので、ちらほらスプレー落書きは沿線に住んでる限り見た記憶がある。
落書き犯逮捕につながる方が稀なのだとしたら悲しいものだが。

無職で何もやることが無く、暇を持て余しているのが原因かと。 無職の人達を集めてマスクとか医療用防護服を作らせるのが良い。

ますます定職に就けなくなりましたね

最後に

今回の様な文字の落書きは、いろいろなところで見たことがあります。

場所によっては監視カメラが無かったりと、逮捕に至らないケースも多いのだと思います。

公共の場所で落書きする気力を就職活動で使ってもらいたかったですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.