【暴走】UberEats配達員、自転車で首都高へ!車から撮影され警察に指導を受ける

アプリで飲食店のご飯を配達してくれるサービス「UberEats」の配達員が首都高を走った様子が報道されています。

報道された配達員の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

料理配達サービス「ウーバーイーツ」の男性配達員が自転車で首都高速を走った問題で、配達員が「時間短縮で使った」と話していることが分かりました。

 東京・新宿近くの首都高速4号線で12日、ウーバーイーツの配達員が自転車で走っているのが見つかり、警察官が駆け付けた際にはすでに高速を降りていました。警視庁によりますと、この翌日、東京・世田谷区内の交番に「テレビで見たウーバーの人がいる」と届け出があり、特徴がよく似た男性配達員から警視庁が任意で事情を聴いたところ、首都高速を走ったことを認めました。男性配達員は「時間短縮のために意図的に使った」と説明したということです。警視庁は今後、自転車の配達員が高速道路を利用しないようウーバーに指導を行う方針です。

出典:ANN

暴走していた配達員の詳細について

【名前】不明

【年齢】不明

【性別】男性

【職業】UberEats配達員

首都高速を自転車で暴走していた配達員の様子が動画で撮影されています。

半袖半パンの服装でクロスバイクに乗って首都高速を走行しています。

高速道路を自転車で走ることはもちろん許されておらず、警察に指導される結果となっています。

 

配達員の男は、「時間短縮で使った」と話しています

間違えて高速道路に侵入したのではないことが明らかとなっています。

 

首都高速は高速道路にしては道が狭く、車の数も多いです。

バイクで走行するのも怖いですが、自転車はもってのほかです。

自動車と衝突した場合、大けがでは済まないでしょう。

事件の起きた場所について

【場所】首都高速4号新宿線の初台出入り口付近

配達員は「首都高速4号新宿線の初台出入り口付近」を走行していたようです。

路側帯は殆どなく、自転車がいた場合走行の邪魔となるのは明白です。

ネット上の反応

時間短縮のために意図的に侵入したのは大問題。
道路交通法違反での処罰と共に、厳重注意と2度と自転車が侵入しない対策をお願いしたい。
ウーバーイーツには高速道路や有料道路、私有地など、自転車が侵入してはいけないところをしようした場合、即座に契約解除するようにしてほしい。

怖いです。ただでさえ自転車の身勝手な運転が問題になっているのに、あろう事か首都高を「時短の為に」と意図的に走ったとは。事故が起きなかったから良かったのですが。

故意にチャリで首都高に入って厳重注意なんて考えられない。もし事故が起きたらドライバーはたまったもんじゃない。

最後に

UberEats配達員のマナー欠如は相当問題視されています。

歩道を自転車で走行したり、無理な走行をしたりと、首都圏に住んでいると日常的に目撃します。

今回の件はもってのほかで、故意で高速道路に侵入しています。

大きな交通事故が起きていた可能性を考えると、逮捕されてもおかしくないでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.