頭を叩かれ激怒!中華料理屋で経営者を刺殺した「林雪楠」の詳細や事件の起きた店舗について

東京都で中華料理屋を経営する中国籍の男性が刺殺された事件が起きています。

逮捕された中国人の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

先月、東京・江戸川区の路上で中華料理店を経営する男性が刃物で刺されて殺害された事件で、従業員の中国籍の男が警視庁に逮捕されました。

 殺人の疑いで逮捕されたのは、中国籍の林雪楠容疑者(36)で、先月12日未明、勤務していた江戸川区の中華料理店近くの路上で店の経営者で中国籍の張達泉さん(47)の胸など20数か所を包丁で刺し、殺害した疑いが持たれています。

 警視庁によりますと、林容疑者は直後に店に戻って自殺を図ったとみられ、3日、搬送先の病院から退院していました。

 取り調べに対して容疑を認め、「直前に殴られて頭が真っ白になり、殺してしまった」と供述しているということです。

出典:JNN

犯人の詳細について

写真未公開

【名前】林雪楠(リンセツナン)

【年齢】36歳

【性別】男性

【職業】中華料理屋の店員

逮捕されたのは、中国籍の男「林雪楠」容疑者です。

林容疑者は勤務先の中華料理屋で、経営者の中国人を刃物で刺し殺したことで逮捕されています。

容疑に対して「直前に殴られて頭が真っ白になり、殺してしまった」と認めているそうです。

 

林容疑者が悪いのはもちろんのことですが、刺殺事件の直接的な原因は経営者の男性による体罰でしょう。

体罰をしなくてはならない状況にあったのかもしれません。

言葉で言っても改善しない人がいないことは無いので、難しいところではあると思います。

林容疑者は二十数か所もの刺し傷を付けて殺人を犯していることから、相当な怒りが溜まっていたのだと思います。

事件の起きた場所について

【店舗名】上海

【住所】〒134-0083 東京都江戸川区中葛西2丁目19−10

事件が起きたのは、江戸川区の中華料理店「上海」です。

ネット上の反応

殴ったほうも悪いあるよ

もうインバウンドや低賃金の外国人労働者に頼る政策はこれを機会にやめてほしい。

外人どもが暴れだしたなぁ、早く国に帰してやった方が
こいつらの為であり、日本の為だと思う。

最後に

中国人同士が日本で殺人事件を起こすという何とも言えない事件となりました。

林容疑者は事件後に自殺を図ろうとしていたことから、多少なりとも後悔していたのかもしれません。

怒りに任せて行動をしてはいけないことを身に染みて感じました。

 

一方で、ネット上のコメントでは日本の治安に不安を感じる人が多いようにも感じられます。

コロナを理由に外国人が日本で事件を起こす事例も出てきているので、今後が多少不安ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.