マンションで待ち伏せ性的暴行を加えた三菱UFJ銀行社員「平野文一」の顔が判明!

東京の銀行員が女性に強制わいせつをしたとして逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

三菱UFJ信託銀行の社員が、東京・品川区のマンションで20代の女性が帰宅するところを待ち伏せて性的暴行を加えたとして、警視庁に逮捕されました。

 強盗強制性交などの疑いで逮捕されたのは、三菱UFJ信託銀行の社員・平野文一容疑者(56)です。平野容疑者は今月21日の午後7時ごろ、品川区に住む20代の女性のマンションの部屋に侵入し、性的暴行を加えたうえ携帯電話を奪った疑いがもたれています。

 警視庁によりますと、平野容疑者は女性の自宅マンションの場所を把握したうえで顔をマスクや帽子で隠し、帰宅してくるところをマンションの外階段で待ち伏せていたとみられています。

 取り調べに対し、平野容疑者は「おおむね間違いない」と容疑を認めているということです。

出典:JNN

犯人の詳細について

【名前】平野文一

【年齢】56歳

【性別】男性

【職業】銀行員(三菱UFJ銀行)

逮捕されたのは、三菱UFJ銀行員の男「平野文一」容疑者です。

平野容疑者は20代女性のマンションで待ち伏せし、帰宅したところを襲い性的暴行を加え、携帯電話を盗んだとして逮捕されています。

容疑に対しておおむね認めているとのことです。

 

帰宅時を狙った犯行とのことで、初めからターゲットを絞っていたと思われます。

56歳にもなるおじいさんが、このような最低の犯罪で捕まるところをみると本当に悲しくなります。

ましてや、大手銀行の職員であるため会社にも風評被害が行く可能性があります。

事件の起きた場所について

【住所】東京都品川区

ネット上の反応

56歳まで銀行員でいられたのに今までの努力が無になったね。
家族がかわいそうだよ。

それなりの役職とか退職金とかがあったのかも知れないが、年齢から見ると、銀行と云えども今時だから、もともと低賃金で退職金支給のない、非正規契約・嘱託・臨時雇の社員のようにも思える。

他記事によると
>品川区のマンションで、帰宅直後の20代女性を部屋に押し込んで粘着テープで両手を縛ってわいせつな行為をした上、携帯電話を奪ったとしている。
平野容疑者はオートロックのマンションに侵入し、外階段付近で女性を待ち伏せ。

初犯でこれだけ大胆な行動が取れるとも思えない。数々の成功体験を重ねて来た結果のように見える。

今年は刑法の性犯罪規定見直しの年。厳罰化に向けて既に何万人ものオンライン署名が集まっているそうだ。この機会にぜひ意思表示したい。

最後に

老人によって若い人の将来が潰されるところを見ると本当に悲しく思います。

被害女性は非常に大きな傷を負ったと思います。

性犯罪の厳罰化が求められているので、本格的に検討していく必要がありそうです。

平野容疑者は人にかけた迷惑ときちんと自覚し、罪を償っていってほしいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.