動物園で希少なカメを盗んだサウジアラビア人の顔が判明!犯行後の言い訳がヤバイ

静岡県の体験型動物園「izoo」で、希少な「インドホシガメ」を窃盗したとしてサウジアラビア国籍の男が逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

河津町の動物園イズーで4月12日、20万円相当のカメを盗んだとして外国人の男が逮捕されました。防犯カメラには犯行の一部始終が映っていました。

 爬虫類専門の動物園イズーで12日に撮影された防犯カメラの映像です。画面奥の展示場所で何者かが体を乗り出し手を入れているような仕草が映っています。12日午前11時ころ、イズーで展示した1歳のインドホシガメ1匹が盗まれる事件がありました。インドホシガメは2019年末に国際的希少種に指定されていて、20万円ほどの価値があるということです。その後、警察は下田市内の駐車場でサウジアラビア国籍の自称大学生の男を窃盗の疑いで逮捕し、カメは無事戻ってきました。
<イズー 森悠飼育員>「子どもなので、一時でも居なくなると飼育員も不安で、無事に問題なく帰って来たので、すごくホッとしています。」
イズーは13日から臨時休業となるため、カメが無事に帰ってきたことを喜んでいます。

引用元:静岡放送

犯人の詳細について

【名前】アルジョハニ・アセム・アハマド・エス

【年齢】27歳

【性別】男性

【国籍】サウジアラビア

【職業】自称・留学生

逮捕されたのは、サウジアラビア国籍の自称・留学生「アルジョハニ・アセム・アハマド・エス」容疑者です。

アルジョハニ容疑者は爬虫類専門の動物園「izoo」で展示されていた「インドホシガメ」の赤ちゃんを盗んだとして逮捕されています。

インドホシガメは希少なカメで、一匹20万円とも言われているようです。

事件に対して「カメを持っていくのは平気だと思った。後で返そうと思った」と供述しています。

 

動物園は入場料を取られるので、無料で持っていっても良い雰囲気ではないと思います。

仮にも勘違いしていたとしても、無断で持っていくのはあまりに非常識です。

あとで返そうと思っていたと供述すれば罪が軽くなると思ったのでしょうか。

 

カメは中国などで高く販売されたりします。

転売目的で窃盗した可能性が高いでしょう。

事件の起きた場所について

【施設名】体感型動物園 iZoo

【住所】〒413-0513 静岡県賀茂郡河津町浜406−2

事件は、静岡県の動物園「iZoo」で起きています。

爬虫類を触ることができる体感型の動物園で非常に人気があります。

最後に

新型コロナウイルスの影響で入場者が少なかったようです。

人が少ない時期に窃盗を企もうとした可能性も高いです。

早期に事件が解決し、カメが返ってきて本当によかったと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.