10代の女性にわいせつ行為をした内科医「守屋仁布」の顔が発覚!その手口がヤバい・・・

東京都荒川区で内科医の男が、10代の女性に対してわいせつ行為をしたとして逮捕されています。

逮捕された医者の男について調べていきます。

以下、報道の内容

東京・荒川区の医院で患者の10代の女性に治療と称してわいせつな行為をしたとして、67歳の医師の男が逮捕されました。

 「斉藤医院」の内科医・守屋仁布容疑者は去年11月20日夜、患者の10代の女性に治療と称して体を触るなどわいせつな行為をし、その様子を撮影した疑いが持たれています。警視庁によりますと、守屋容疑者は医院の営業時間外に婦人科系の病気の疑いがあるなどと女性を1人で呼び出していました。守屋容疑者は、他にも10代の患者2人に対して診療中にわいせつな行為をしたとして逮捕・起訴されています。守屋容疑者は「30年で十数人にやった」という趣旨の話をしていて、警視庁が余罪について捜査しています。
 

引用元:ANN

犯人の詳細について

【名前】守屋仁布

【年齢】67歳

【性別】男性

【職業】内科医

逮捕されたのは、東京都荒川区の内科医「守屋仁布」容疑者です。

守屋容疑者は、10代の女性に対して治療と称して体を触った上に、その様子を撮影したとして逮捕されています。

過去30年で十数人に対して行為に及んだと供述しており、余罪があると見て捜査されています。

 

わいせつ行為をするために患者を呼び出していたことも発覚しています。

この病気はよく診ないとダメだ」と患者に伝えて勤務時間外で呼び出していたようです。

医者の立場を利用して不安を煽り、わいせつ行為をするという最低の行為をしています。

この医者に診断してもらった心当たりのある人は、非常に傷ついていると思います。

厳正な処罰を受けて欲しいです。

事件の起きた場所について

【施設名】斎藤医院

【住所】〒116-0012 東京都荒川区東尾久2丁目9−13

守屋容疑者は荒川区の「斉藤医院」で勤務していたようです。

ネット上の反応

この様な輩でも医師になれるのですね・・・。勉強だけが出来るのも考え物です。
3年に1人。
気に入った人だけ時間外に呼び出していたんだね
こんなことやっても医師免許ってなかなか剥奪されない。

最後に

人の不安につけこんでわいせつ行為をするという最低の行為だと思います。

守屋容疑者が勤めていた病院に通っていた患者は非常に不安だと思います。

厳正な処罰を与えて欲しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.