路上喫煙を注意され怒り爆発!殴った立教大学生「古賀瞬輝」の顔が判明!

路上喫煙を注意された立教大学生が腹を立てて暴行を加えたことで逮捕されています。

逮捕された大学生の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

路上喫煙などを注意されたことに腹を立て、男性に暴行を加えてケガをさせたとして、立教大学に通う男子学生が逮捕されました。

警視庁によりますと、立教大学に通う古賀瞬輝容疑者は去年11月、東京・豊島区東池袋の駐輪場で、40代の男性に殴る蹴るの暴行を加え、鼻の骨を折るなど大ケガをさせた疑いが持たれています。古賀容疑者は当時、友人と路上で酒を飲んでいて、通りかかった男性から喫煙や立ち小便を注意されたことに腹を立て、犯行に及んだということです。

調べに対し、古賀容疑者は「酒に酔っていたが、うっすらと覚えている」などと容疑を認めているということです。

引用元:NNN

犯人の詳細について

【名前】古賀瞬輝(こが しゅんき)

【年齢】20歳

【性別】男性

【職業】大学生(立教大学)

逮捕されたのは、立教大学に通う大学生「古賀瞬輝」容疑者です。

古賀容疑者は路上喫煙・立ち小便をしていたところを注意されたことに腹を立て、暴行を加えたことで逮捕されています。

取り調べに対して「酒に酔っていたが、うっすらと覚えている」と容疑を認めています。

 

成人して間もない大学生ですが、実名報道されています。

これから就職を控えている大学生にも関わらず、このような形で有名になってしまいました。

大学生がお酒で失敗することは多々ありますが、他人に迷惑をかける最悪の結果となりました。

 

これから大学生になる方は注意しておきましょう。

事件の起きた場所について

【住所】豊島区東池袋

古賀容疑者は東京都豊島区東池袋の駐輪場で路上喫煙・立ち小便をしていたところ注意されています。

豊島区は全域が路上喫煙禁止区間となっており、喫煙が許されていません。

「さわやかな街づくり重点区域」(池袋駅周辺)でポイ捨てした場合には2万円以下の罰金となります。

 

この条例は平成23年に施行されたものです。

路上喫煙が禁止されていることは、街のいたるところに看板で注意喚起されています。

にも関わらず条例を違反してまで喫煙し、注意されたところを逆ギレすると言う最低の行為をしています。

 

立ち小便もしていたそうなので、モラルのかけらもない人であることがわかります。

最後に

大学生による犯罪は日々報道されています。

報道される事件は、お酒が絡むことが多い気がします。

大学生になると飲みの席もあると思うので、節度を持って飲みましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.