コンビニトイレに隠しカメラを設置した自衛隊員「佐久間俊輝」の詳細について

福島県のコンビニで、隠しカメラを設置し盗撮したとして、自衛隊員が逮捕されています。

逮捕された自衛隊員の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

店のトイレに小型カメラを設置し盗撮した疑いで24歳の自衛官が逮捕された。

逮捕されたのは陸上自衛隊福島駐屯地に所属する自衛官(24)。
警察によると容疑者は2019年12月、福島県福島市内のコンビニエンスストアのトイレに小型カメラを設置し、盗撮した疑いが持たれている。

トイレを清掃していた店の関係者がカメラを見つけ事件が発覚したもので、警察では防犯カメラの映像などから容疑者を割り出した。

調べに対し容疑者は「盗撮目的でカメラを設置した」などと容疑を認めているという。

隊員の逮捕をうけて陸上自衛隊福島駐屯地は「これまで以上に指導を徹底して再発防止に努めたい」とコメントしている。

引用元:福島テレビ

犯人の詳細について

写真未公開

【名前】佐久間俊輝(さくまとしき)

【年齢】24歳

【性別】男性

【職業】陸上自衛隊員

【所属】福島駐屯地第44普通科連隊

【役職】3等陸曹

【罪名】建造物進入・県迷惑防止条例違反

逮捕されたのは、福島駐屯地に勤務していた自衛隊員「佐久間俊輝」容疑者です。

佐久間容疑者は、コンビニエンスストアのトイレに小型カメラを設置して盗撮した疑いで逮捕されています。

 

店内の防犯カメラなどを頼りに逮捕に至っています。

通報したのは店員で、トイレ清掃中に小型カメラの存在に気づいたそうです。

犯行については容疑を認めている様子です。

 

自衛隊は国民の税金で給料が賄われています。

このような犯罪で逮捕されることを考えると、国民として本当に悲しく思います。

福島県の住民たちも、県内の安全を守る立場の人間が犯罪を犯していることを考えると、安心して住むこともできません。

しっかりと再発防止策を講じて欲しいですね。

参考

【福島県迷惑防止条例】

6月以下の懲役又は50万円以下の罰金

【建造物進入】

3年以下の懲役または10万円以下の罰金

佐久間容疑者が務めていた駐屯地について

【名前】陸上自衛隊 福島駐屯地

【住所】〒960-2156 福島県福島市荒井原宿1

佐久間容疑者は福島駐屯地に所属していたようです。

最後に

自衛隊員は厳しい訓練で、時には禁欲しなくてはならない場合もあります。

欲に負けてとんでもない犯罪を犯す事例も毎年起きています。

自衛隊は、ストレスを発散する場を設けるなど、何かしらの対策を講じる必要がありそうですね。

 

24歳というこれから活躍が期待される若者がこのような犯罪で逮捕されるのは悲しく思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.