法務省職員の妻を刺殺した大学准教授「浅野正」の顔が判明。勤務先の詳細などについて

埼玉県の県庁前で、法務省の女性が刺殺される事件が発生しています。

逮捕されたのは大学准教授で、被害者の夫だったようです。

犯人の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

さいたま市浦和区の埼玉県庁前の路上で16日夜、少年鑑別所職員浅野法代(のりよ)さん(53)(浦和区高砂)が刺殺された事件で、法代さんには刃物を防ごうとした時にできる「防御創」がなかったことが、捜査関係者への取材でわかった。浦和署は、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された夫が突然襲ったとみて捜査している。

 法代さんは同日午後6時頃、胸など複数箇所を刺され、搬送先の病院で死亡が確認された。同署は法代さんと別居中の夫で、現場付近にいた文教大の人間科学部臨床心理学科准教授、浅野正容疑者(51)を逮捕し、殺人容疑で動機などを調べている。

 捜査関係者によると、浅野容疑者が自転車に乗っていた法代さんを倒し、あおむけの法代さんに馬乗りになって刺したという目撃情報があるといい、同署で詳しい経緯を調べている。

引用元:読売新聞

犯人の詳細について

【名前】浅野正

【年齢】51歳

【性別】男性

【職業】大学准教授

逮捕されたのは、大学准教授の「浅野正」容疑者です。

自転車に乗っていた法務省職員の妻を押し倒し、馬乗りの状態で刺殺した疑いがあります。

複数回刺し傷があることから、明確な殺意があったことがわかっています。

 

この夫婦は、以前から別居しており、口論が多く仲が悪かったことが親族にも伝わっていたようです。

結婚生活で積もり積もったストレスが爆発したことが考えられます。

 

浅野容疑者は大学で犯罪心理学を専門で研究をしていたようです。

普段は温厚な性格らしく、同僚も今回の事件に驚いていたようです。

犯罪心理について詳しい人でも、殺人を犯してしまうほどの不満とは何だったのでしょうか。

浅野容疑者が勤めていた大学について

【大学名】文教大学 越谷キャンパス

【住所】〒343-8511 埼玉県越谷市大字南荻島3337

浅野容疑者は、「文教大学 越谷キャンパス」で准教授を務めていました。

臨床心理学専攻修士課程の教員として、犯罪心理学について教鞭をふるっていたようです。

文教大学HP上では以下のように紹介されていました。

浅野 正
心理アセスメント、犯罪心理学
①投映法を中心とする心理アセスメント
②ロールシャッハテスト研究
③非行・犯罪に関する心理学的研究
④犯罪被害者の心理と援助

引用元:文教大学HP

最後に

浅野容疑者は大学では温厚な教授であったようです。

普段温厚な人だからこそ、我慢の限界が訪れた時に大きな事件を起こすような気がします。

普段は優しいからと言って、相手は人間ですから、ストレスが溜まっていてもおかしくありません。

相手を思いあってコミュニケーションを取ることが重要なのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.