児童相談所でのぞき忍者!?逮捕された「上中亮佑」容疑者に迫る

奈良県の児童相談所で女性用浴室に忍び込み、職員が逮捕されています。

逮捕された犯人の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

奈良県中央こども家庭相談センター(児童相談所)の浴室天井裏に侵入したとして、奈良県警奈良署は1日、建造物侵入の疑いで、同センターの職員の男(32)を逮捕した。「身に覚えがない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は1日午前0時20分ごろ、奈良市紀寺町にある同センターの浴室の天井裏に侵入したとしている。

 同署によると、男は当直勤務中だった。男性用の浴室の天井にあるパネルを外し、女性側の浴室方向に移動したとみられる。天井裏から物音がすることに同僚が気付き、警察に通報した。

引用元:産経新聞

犯人の詳細について

写真未公開

【名前】上中亮佑(うえなか りょうすけ)

【年齢】32歳

【性別】男性

【職業】児童相談所職員

逮捕されたのは、奈良県の児童相談所で働く男性社員「上中亮佑」です。

相談所に設置された男性用浴室のから天井裏に侵入し、女性用浴室の天井からのぞき行為をした疑いで逮捕されています。

同僚の職員が足音を聞いたことで通報し、天井裏から上中容疑者の靴の跡が残っていたことが発覚しています。

 

忍者ばりののぞき行為で、そこまで見たかったのかと正直引いています。

その情熱を仕事に注いでほしいというのが国民の本音でしょう。

 

児童相談所でこのような犯罪者が働いていたと考えると、本当に恐ろしい状態だと思います。

事件の起きた場所について

【施設名】奈良県中央こども家庭相談センター

【住所】〒630-8306 奈良県奈良市紀寺町833

事件が起きたのは、「奈良県中央こども家庭相談センター」という施設です。

Googleのレビューでは酷評が多く、評価が★1となっています。

仕事だから仕方なくやってる感じがすごい。 関わると、ろくなことがない。
檻の中に囚われてるのと一緒。先生も理不尽に怒るし、子供の気持ちを理解しようとしない。無理やりにでもグランド50周走らせるし、太陽性アレルギーで太陽に浴びるだけで全身に熱を持ってかゆみを伴う子でも走らせられるし、体調悪くってもなかなか病院に行かせようとはしないし、保護所の中でいじめがあっても止めようのはしない。刑務所よりはマシだけど、中々の地獄だよ一時保護所は。

最後に

犯罪が起きてはならない場所で、最低の犯罪が行われていたことを考えると、身の毛がよだちます。

無駄な労力を、仕事に向けて人の役に立つ行いをしてほしかったですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.