愛知県の公務員、映画館で居残りがバレて暴行!犯人の名前や、職場の詳細について

映画館で作品を見終わった後、退室するのは当たり前だと思います。

愛知県の公務員が映画館で「居残り」がバレ、職員に対して暴行を加えたことで懲戒処分されています。

暴行を振るった公務員とは誰なのか、またどこで働いているのか調べていきます。

映画館で居残りがバレて暴行した公務員について

写真未公開

【名前】内田 雄士

【年齢】48歳

【職業】浄水所勤務

【職場】東三河水道事務所豊川浄水場

犯人は「内田 雄士」という名前で、愛知県の浄水所で勤務している公務員でした。

内田氏は、1つのチケットで複数の映画作品を観ようとしたところ、従業員にバレました。

 

その後、逃げようとして従業員に体当たりしたことで、暴行の罪で逮捕されています。

最終的には不起訴処分となっています。

映画館で従業員の男性に暴行したとして、愛知県の男性職員が懲戒処分となりました。

 懲戒処分を受けたのは、東三河水道事務所豊川浄水場に勤務する48歳の男性職員です。

 男性職員は今年10月、安城市内の映画館で、作品を見終わった後も別の上映室に居残っていたのが見つかり、逃げようとした際に従業員の男性に肩が当たったということです。

 男性職員は愛知県の聞き取りに対し、「従業員に手が当たってしまった」「非常に深く反省しています」などとと話しているということですが、県は26日付けで、戒告の懲戒処分を下しました。

 この件を巡っては、男性職員は暴行の疑いで警察に逮捕されましたが、その後不起訴処分となっています。

引用元;東海テレビ

犯人の職場について

【職場の名前】東三河水道事務所豊川浄水場

【住所】〒442-0863 豊川市平尾町五反田26番地30

豊川浄水場は、豊川市、蒲郡市に水道水を供給している施設です。

愛知県に雇われた職員のため、公務員として仕事をしています。

犯行の場所

犯人は、愛知県安城市内の映画館と報道されています。

安城市内には映画館は1件ヒットしています。

恐らく、この映画館で「居残り行為」と「暴行」が行われたと考えられます。

最後に

犯人は、県職員(公務員)として働いていたことが分かっています。

公務員だからこそ、安定した収入を得られることでしょう。

たかだか1500円弱の映画をケチったことで、懲戒処分されるというあまりにもあっけない結果となっています。

先のことを考えて行動することが重要ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.