喧嘩で刃物で刺し殺害「井口健一」が逮捕、顔画像やSNS判明?犯行動機や事件経緯は?【北九州市】

北九州市小倉北区神岳1丁目の路上で住所・職業不詳の林哲也さん(40)が腹部を刃物で刺され殺害された事件で、北九州市小倉北区の自称建設業・井口健一(いぐち・けんいち)容疑者(40)が殺人の容疑で逮捕されました。

井口健一容疑者の事件について事件経緯や犯行動機、プロフィールや顔画像、SNSアカウントについてまとめます。

喧嘩で刃物で刺し殺害「井口健一」が逮捕

 21日午後11時15分ごろ、北九州市小倉北区神岳1丁目の路上で、「男女らがけんかをしている。1人が倒れている」と女性から110番通報があった。小倉北署員が駆けつけると、男性が腹部を刃物のようなもので刺され、血を流して倒れていた。男性は同市内の病院に運ばれたが、22日午前0時20分、死亡が確認された。同署は殺人容疑事件として捜査している。

出典:朝日新聞

 福岡県警は22日、北九州市小倉北区、自称建設業井口健一容疑者(48)を殺人容疑で緊急逮捕した。

 発表によると、井口容疑者は21日午後11時10分頃、同区神岳1の路上で、住所、職業不詳の林哲也さん(40)の腹を包丁で刺して殺害した疑い。

出典:読売新聞

 

事件の詳細

事件の経緯

事件は12月21日午後11時ごろ、福岡県北九州市小倉北区神岳1丁目の路上で発生しました。

「男女らがけんかをしている。1人が倒れている」と女性から110番通報があり、警察が駆け付けると住所・職業不詳の林哲也さん(40)が腹部を刃物で刺され倒れていました。その後、搬送先の病院で死亡が確認されました。

目撃者の話では、現場には被害者男性や井口健一容疑者とみられる人物のほか、男女3人がいたとのことです。

翌22日午前、井口健一容疑者が自ら警察に事件への関与を認めて「迎えに来てほしい」と連絡し、身柄を確保されました。

犯行動機

井口健一容疑者は当初は事件への関与を認め、自ら警察に連絡していましたが、一転して容疑を否認しています。

取り調べに対しては

「誰かを突き刺したことを覚えていません」

「面識はなかった」

と供述しています。

 

「井口健一」のプロフィール・顔画像・SNS

「井口健一」のプロフィール

プロフィール

名前 :井口健一(いぐち・けんいち)
年齢 :48歳
職業 :建設業(自称)
住所 :北九州市小倉北区

罪状 :殺人
法定刑:死刑又は無期若しくは5年以上の懲役

「井口健一」の顔画像

現時点で容疑者の顔画像については公開されていません。

「井口健一」のFacebookやTwitterなどSNSアカウント

現時点で容疑者のSNSアカウントは判明していません。

 

ネットの反応

亡くなれた方はお気の毒でした。
この刺した犯人は刃物を持ち歩くことで既に殺意は有りますが、仮に捕まっても裁判では殺意は無かったを認められ懲役7年くらいです。
今や人命軽視は司法や弁護士が元凶です、そしてやる気のない検察はそれに追随しています。

防犯カメラを増やそうとすると、人権派を気取る連中や左巻きが、監視社会がどうのこうのと騒ぎ出すが、こんなのがいつまでも捕まらずに野放しになっているほうが恐いので、防犯カメラをバンバン設置して、少しでも安心して暮らせるようにして欲しい。

事件があったところは北九州市内でも治安が悪い地区。工藤会の本拠地があった場所。殺人事件がおこっても特に驚きはない。

こういう連中って感情でしか行動取れないのだろうか?まともな人であれば、一瞬でも自分の行動がどういう結果を招くかを想像できるはず。また街中で凶器を持ち歩くことも理解しがたいことだが

殴り合いの喧嘩はともかく最近は刃物を持っている輩が多いから要注意です。裙子危に近寄らずが無難でしょう。

「複数の男女がけんかしている」ということは、まだ関連している人物がいるということか?

 

最後に

そもそも刃物を携帯していることが恐ろしいです。

現場には複数の男女がいたようですが、どんな関係性か気になります。

以上


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-社会
-, ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.