悪質無断キャンセル「小林恒夫」が逮捕、顔画像やSNS判明?犯行動機や事件経緯は?

社会問題になっている予約の無断キャンセルですが、いたずら目的で無断キャンセルを繰り返したとして、東京都葛飾区の無職・小林恒夫(こばやし・つねお)容疑者(59)が偽計業務妨害の容疑で逮捕されました。

小林恒夫容疑者の事件について事件経緯や犯行動機、プロフィールや顔画像、SNSアカウントについてまとめます。

悪質無断キャンセル「小林恒夫」が逮捕

 東京地検は13日、居酒屋に団体予約を入れたのに、当日連絡せずに来店しない無断キャンセルを繰り返したとして、偽計業務妨害の罪で東京都葛飾区、無職小林恒夫容疑者(59)を起訴した。

 無断キャンセルで起訴されるのは異例。インターネットの飲食店情報サイトを介した予約の普及を背景に、店側が無断キャンセルで損害を被る事例も相次いでいる。

 起訴状によると、6月23~26日、東京都千代田区の居酒屋2店に電話をかけ、実際には行くつもりがないのに、同日28日に飲食コースをそれぞれ20人分と17人分、虚偽の予約を入れて営業を妨害したとしている。

出典:共同通信

 

「小林恒夫」のプロフィール・顔画像・SNS

「小林恒夫」のプロフィール

プロフィール

名前 :小林恒夫(こばやし・つねお)
年齢 :59歳
職業 :無職
住所 :東京都葛飾区

罪状 :偽計業務妨害
法定刑:3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

「小林恒夫」の顔画像

現時点では小林恒夫容疑者の顔画像については公開されていません。

「小林恒夫」のFacebookやTwitterなどSNSアカウント

現時点では小林恒夫容疑者のSNSアカウントは判明していません。

 

被害額は年2000億円、理由は「とりあえず予約」

経済産業省が2018年11月に発表した「No show(飲食店における無断キャンセル)対策レポート」では、無断キャンセルによる年間損害額は2000億円に上るとされています。

無断キャンセルの理由としては「とりあえず場所を確保」「人気店なのでとりあえず」といった『とりあえず予約』が上位を占めています。

<画像:FNN>

 

ネットの反応

異例ではなく今後は通例にして撲滅を

行くつもりがあっても連絡無しドタキャンは悪質

人も金も物も無駄にしたツケは重い

行くつもりがあったら罪には問われないってことだね。取り締まりも難しいね

59才にもなって。電話してる自分に悲しくならないのかなぁ。
頑張ってる店長や従業員が可愛そう

その嘘予約で、本当に行きたい人が行けなかったとしたら、店にも客にも迷惑だ

無職だし、こんなしょうもない犯罪で捕まっても失う物がないんだろうな
実質ノーダメ、無敵の人とはよく言ったもんだ。

 

最後に

ここ最近、無断キャンセルの話題をよく見るようになりました。

明らかにいたずら目的の場合は逮捕するのは当然ですが、そうでない場合も何か罰則を作る必要があると思います。

店側が泣き寝入りしないといけない仕組みに問題があると思います。予約時にクレジットカード登録やキャンセル料相当の前金の支払いなど、店側を守るための仕組みを作ってほしいです。

以上


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-社会
-, ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.