【画像】チケット偽装転売で逮捕!2万5千円で人生を棒に振った女とは?

今、アイドルやアーティストのコンサートチケットが転売され問題となっています。

そんな中、SNSでチケット転売を装い、現金2万5千円を奪ったとして25歳の女が逮捕されました。

若者の女性から支持されている「BTS(防弾少年団)」のコンサートチケットだったそうです。

2万5千円で逮捕された女の詳細についてまとめていきます。

チケット偽装転売で逮捕された女の詳細

【名前】斎藤鈴(さいとうりん)

【年齢】25歳

【住所】埼玉県吉川市保

【職業】派遣社員

【容疑】詐欺

斎藤氏は、TwtterでBTSのチケットを定価と手数料で販売すると呼びかけて、18歳の女性から現金2万5千円をだまし取っています。

今回の事件とは別でも、BTSのチケット転売を装って現金2万4千円をだまし取っています。

 

女は、「お金が必要だった」と供述しており、容疑を認めています。

ネット上ではBTSのチケット転売が横行している

BTSのライブチケットは数多く転売されており、一時は40万円以上の価格で転売されていました。

現在でもTwitter上で「BTS チケット」と検索すると「先払い優先で譲る」などのツイートが散見されます。

 

BTS側もファンクラブ会員限定のイベントでは身分証明とチケットを照合する対策を行っていますが、一般にも公開されているライブでは対応しかねている状況です。

メンバーたちは転売について以下のようにコメントしています。

「みんな転売している人からチケットを買わないで、そういう人を破産させよう」

「悲しいけど、彼らからチケットを買うなら、空席があったほうがいい。ダフ屋に学ばせよう」

引用元:KPOPmonster

しかし転売が後を絶たない原因の一つである、購入する人が多数いるのが現状です。

そもそも定価での転売は犯罪?

2019年6月14日から「チケット不正転売禁止法」が施行されています。

規制されるチケットの内容は以下の通りです。

規制されるチケットの条件

不特定又は多数の者に販売され、さらに以下の1~3の全てに該当する興行入場券

1.興行主等が、販売時に、興行主の同意のない有償譲渡を禁止する旨を明示し、かつ、その旨を当該入場券の券面等に表示しているもの

2.興行が行われる特定の日時及び場所並びに入場資格者又は座席が指定されているもの

3.興行主等が、販売時に、入場資格者又は購入者の氏名及び連絡先を確認する措置を講じ、かつ、その旨を当該入場券の券面等に表示しているもの

※「興行」とは、「映画、演劇、演芸、音楽、舞踊その他の芸術及び芸能又はスポーツを不特定又は多数の者に見せ、又は聴かせること(国内の興行に限る。)」をいいます。「興行主等」とは、「興行主又は興行主の同意を得て興行入場券の販売を業として行う者」をいいます。「興行入場券」には、紙媒体だけでなく、QRコードやICカードのチケットも含まれます。

上記の条件に当てはまるチケットを「主催者の許可を得ずに定価以上」で転売した場合に違反となります。

しかるべき手順を踏んでいれば、定価で転売することも可能ということになります。

 

今回の事件では、転売を装って現金をだまし取っていることから、「チケット不正転売禁止法」ではなく「詐欺罪」が適用されます。

最後に

近年、メルカリなど一般人が一般人に対して物を売る行為が簡単になってきていることから、悪質な転売が横行しています。

場合によっては逮捕される事例も最近増えてきているので、注意が必要です。

SNSで取引する場合、手渡しを条件にしている人もおり、知らない人と会わなければならない場合もあります。

インターネットで知り合って実際に会うのは危険な行為であることを自覚しましょう。

被害に会った女性は気の毒であると同時に危機管理が甘いと感じます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-社会
-, ,

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.