出動手当狙い消防団員が放火「松元裕太」が逮捕、顔画像やSNS判明?犯行動機や事件経緯は?

消防団員の男が出動手当欲しさに放火したとして、鹿児島県(奄美大島)龍郷町嘉渡の建設作業員・松元裕太(まつもと・ゆうた)容疑者(30)が邸宅侵入・現住建造物等放火などの疑いで逮捕されました。

松元裕太容疑者は別の事件で、住宅に侵入してテレビなどを盗んだとして窃盗容疑で逮捕され、起訴・勾留中でした。

松元裕太容疑者の事件について事件経緯や犯行動機、プロフィールや顔画像、SNSアカウントについてまとめます。

出動手当狙い消防団員が放火「松元裕太」が逮捕

2018年7月、奄美大島の龍郷町で住宅などあわせて11棟が全焼するなどした火事で、30歳の消防団員の男が25日、放火の疑いで逮捕されました。男は「消防団の出動手当がほしかった」と容疑を認めているということです。

現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは、鹿児島県龍郷町嘉渡の建設作業員、松元裕太容疑者(30)です。

警察によりますと、松元容疑者は2018年7月19日午前2時ごろ、自宅近くの空き家に侵入し火をつけて、住宅などあわせて11棟と軽自動車1台を焼いた疑いが持たれています。

出典:

 

事件の詳細

事件の経緯

事件があったのは2018年7月19日午前2時ごろ、鹿児島県・奄美大島の龍郷町嘉渡でした。

松元裕太容疑者は自宅近くの空き家に侵入して火をつけ、周辺の住宅などあわせて11棟(計約470平方メートル)と軽自動車1台を焼いた疑いが持たれています。

被害にあった住宅には当時5世帯12人が暮らしていたが、けが人はいませんでした。

松元裕太容疑者は地元の消防団に10年ほど前から所属していて、自ら火事の第一発見者として消防に119番通報し、消火活動にもあたっていました。

松元裕太容疑者は別の事件で先月、自宅近くの住宅に侵入してテレビなどを盗んだとして窃盗容疑で逮捕され、現在は起訴・勾留中でした。

しかし、今回の事件が判明したため邸宅侵入・現住建造物等放火の容疑で再逮捕されました。

この火事が起こる2日前にも100メートルほど離れた場所で住宅など7棟が焼ける火事が起きていました。松元裕太容疑者はこの火事にも関与をほのめかしていて余罪を調べられています。

犯行動機

松元裕太容疑者は容疑を認めていて

「消防団の出動手当がほしかった」

と供述しています。

松元裕太容疑者が所属していた消防団では出動手当が1回あたり5000円支払われていました。

 

「松元裕太」のプロフィール・顔画像・SNS

「松元裕太」のプロフィール

プロフィール

名前 :松元裕太(まつもと・ゆうた)
年齢 :30歳
職業 :建設作業員
住所 :鹿児島県龍郷町嘉渡

罪状 :邸宅侵入・現住建造物等放火
法定刑:(住居侵入罪)3年以下の懲役または10万円以下の罰金
(現住建造物等放火)死刑又は無期若しくは5年以上の懲役

「松元裕太」の顔画像

松元裕太容疑者の顔画像については報道にて公開されていました。

「松元裕太」のFacebookやTwitterなどSNSアカウント

現時点で松元裕太容疑者のSNSアカウントは判明していません。

 

ネットの反応

たった1回の出動費5000円欲しさの犯行であり最低な男ですね

5,000円欲しさに億単位の損させる土方の消防団員
なり手少なくても消防団には適正検査を

元消防団員ですが、本末転倒な行為にただただ残念です。
大部分の消防団員は昼夜を問わず、災害活動などに危険も顧みず活動しています。
このような犯罪には厳罰を!

手当が欲しいから人の建物に火をつけるのかい?
セコムの窃盗もそうだが、守るべき立場の人間が逆をしてどうする。

いつも思うが、消防士の放火、教員の子供への犯罪、警察官の窃盗、その職に纏わる犯罪は通常より重くしてくれ。
勿論執行猶予もなし。

一生懸命に真面目に出動、訓練してる消防官、団員に泥を塗った。さらに何の関係もない第三者を巻き込む余りにも自己中心的な考えは厳罰しかない。

地元で放火犯では、親族皆夜逃げしないとね
慰謝料だけでも幾らになるかな
自業自得ですね

消防団員なら火事の怖さを誰よりもよく知っているはずだがなぁ。
こういう危険人物は他の放火案件よりも厳しく罰してほしい。

 

最後に

出動手当のたった5000円のために放火するなんて身勝手極まりなくありえません。

けが人が出なかったのは幸いですが、こんな理由で家や思い出を燃やされた被害者の方を思うと、松元裕太容疑者には厳罰に与えてほしいです。

以上


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-社会
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.