東須磨小いじめ加害教員の発言が物議、被害者面で反省なし「騒ぎすぎや」「あれがイジメ冗談やろ」「ほとぼりさめたら…」|発言内容まとめ

神戸市立東須磨小学校で起きた教師間いじめ事件で、謹慎中の加害教員の一人が発言した内容が物議を呼んでいます。

加害教員は「なんでこっちばっかり悪いんや」「あれがイジメか、冗談やろ」「ほとぼりさめたら、またどこかで教えられる」などと発言したというのです。

全く反省せずに被害者面して、さらには再び教壇に立てると思っていることに批判が集まっています。

加害教員がどんな発言をしたのか詳細とネットの反応と合わせて紹介します。

東須磨小いじめ加害教員の発言が物議

 男性教諭に激辛カレーを強制的に食べさせるなどのイジメ問題が持ち上がった神戸市立東須磨小学校の加害側4教諭に対し、市教委は10月31日付で給与を差し止める分限休職処分とした。外部有識者らでつくる審査会が処分に反対していたが、押し切った異例の決定だった。

<略>

 そんな中、加害教諭の1人、Aの最近の動向がわかった。話した知人らによれば、被害者の男性教諭に対し、「なんでこっちばっかり悪いんや」「あれがイジメか、冗談やろ。(被害教諭も)楽しんでたぞ」「マスコミが騒ぎすぎや」などと話していたという。

 だが、自宅にマスコミが取材に訪れたりするようになると、Aが姿をくらませた。

<略>

出典:週刊朝日

 

発言内容の詳細

報道によると知人らに対して次のように話したようです。

『なんでこっちばっかり悪いんや』

『あれがイジメか、冗談やろ。(被害教諭も)楽しんでたぞ』

『マスコミが騒ぎすぎや』

 

謹慎(休暇)中で自宅にマスコミが訪れるなどで家から出られない状況について次のように話したようです。

『いつまで騒動が続くんや。外にも出れない、軟禁やな』

 

また今後の処分については次のように話したようです。

『こんなんでクビになるのかな』

『教員免許は取り上げられないだろうから、ほとぼりさめたら、またどこかで教えられる。今は先生のなり手が少ないからな』

 

いかがでしょうか。

これらの発言が事実だとすれば一切反省しているようには見えません。

それどころかまるで自分が被害者であるかのようにも取れる発言です。

何よりも何処かで教員を続けられると思っていることに驚きです。

 

ネットの反応

心情的には教員免許を剥奪してほしいが、せめて素性を公開して頂きたい。
二度と教育の場に戻れなくしてやってほしい。

実名報道をしっかりして二度と教壇にたたせてはいけない。仕事なんていっぱいあるんですから、今度は自分が下の立場で辛い思いしてみたらいいんですよ。

自分が悪くないと思うのなら堂々と出歩いたらいいじゃない。
顔出しして記者会見でもしたら?

教員免許剥奪できないなら、本名と、処分内容、処分理由を、公表してほしい。
この先、教員は、処分されたら、全て公表してほしい。
教員が過去の処分を隠し、再就職することが無くなってほしいし、採用する自治体、学校が責任を持てるようにしてくれないと、生徒、保護者は安心出来ない。

まだ教師を続けようとしてるところが、逆に怖い。

世間的には軟禁どころか、実名報道と禁固刑を求められているでしょうね。

なぜ、刑事事件で扱わないの?
被害届けでているなら、逮捕するなりして、実名を公表するべきですよね?
そうでもしないと、子供達もいじめても逃げたら、別にほとぼりがさめたら大丈夫なんだと思ってしまうのではないのですかね。
教職員ならなおさら、免許剥奪するのが、普通です。

大人になって人をいじめたらこうなるんだよ、ってお手本の為にも逮捕なり懲戒免職なり、免許剥奪なりすべきやで。
ほとぼりが覚めたら復帰する気満々やからな。

 

最後に

全く信じられない発言です。保護者説明会の時に謝罪文を書いていたようですが本心ではないのでしょう。

悪いことをしていないのならば堂々と表に出て、保護者にもマスコミにも本心を話せばいいのにと思ってしまいます。

マスコミが現れると逃げるあたり、知人の前でだけ調子に乗って話していたのでしょう。

やはりこんな人間を二度と教壇に立たせてはいけません。懲戒免職・教員免許の剥奪は当然だと思います。

以上


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-社会
-, ,

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.