ガラケー女デマ拡散「原田隆司」豊田市議が提訴、謝罪で本名晒してさらに炎上

常磐道で起きたあおり運転・暴行事件で、事件とは全く関係のない女性が犯人(ガラケー女=喜本奈津子)としてネット上に拡散された事案で、デマを拡散したとして愛知県豊田市の原田隆司市議(57)が提訴されました。

またFacebookに謝罪文を掲載するも、被害女性の本名を出して晒してしまうという事態にさら炎上しています。

原田隆司市議について拡散の経緯や動機、プロフィールや顔画像、SNSアカウントについてまとめます。

ガラケー女デマ拡散「原田隆司」豊田市議が提訴

 茨城県の常磐自動車道で今年8月、会社員男性があおり運転を受け殴られた事件をめぐり、加害者の男の車に同乗していた「ガラケー女」とのデマをネット上で流され名誉を傷つけられたとして、東京の会社経営の女性が愛知県豊田市の原田隆司市議(57)に慰謝料100万円を求める訴訟を東京簡裁に起こした。

 提訴は21日付。訴状によると、原田市議は自らのフェイスブックに、事件とは無関係だったこの女性と男の写真を容疑者として掲載。「早く逮捕されるよう拡散お願いします」などと書き込んだ。「公的な立場で積極的な拡散を試みた行為は悪質」と訴えている。

 原田市議は取材に対し「犯人が早く捕まってほしいと思い、『拡散希望』と書かれた投稿をシェアしてしまった。おとしめるつもりはなかった」と釈明。知人から女性は無関係と指摘されて数時間後に削除したという。女性側からの慰謝料を求める通知には謝罪の手紙を送ったが、訴訟については「弁護士を通じて対応する」としている。

出典:朝日新聞デジタル

 

事件の詳細

犯行動機

拡散した動機については次のように釈明しています。

「犯人が早く捕まってほしいと思い、『拡散希望』と書かれた投稿をシェアしてしまった。おとしめるつもりはなかった」

 

謝罪で被害女性の本名を晒してさらに炎上

原田隆司市議はデマを拡散した事をFacebook上で謝罪しています。

ただ、謝罪文で被害女性(提訴した女性)の本名を出したことがさらに批判を集めています。

(お詫び)あおり運転で逮捕された宮崎文夫容疑者、

ガラケー喜本奈津子さんと間違われた○○○○さんは全く無関係です。

間違った情報をシェア拡散した事をお詫びします。

 

「原田隆司」のプロフィール・顔画像・SNS

「原田隆司」のプロフィール

プロフィール

名前 :原田隆司(はらだ たかし)
年齢 :57歳
職業 :愛知県・豊田市議

学歴 :トヨタ工業学園 → つくば開成高校に編入

「原田隆司」の顔画像

「原田隆司」のFacebookやTwitterなどSNSアカウント

原田隆司市議はFacebookをやっています。

 

ネットの反応

市議という市民を代表する立場にある人物が、うわさの真偽も確認せずにデマを流すのは悪質です。
謝罪したところでデマによって傷つけられた名誉が回復するわけでもありません。慰謝料の請求は当然の権利ではないでしょうか。

何も釈明になってなくて笑う。どういうつもりだったの?いろいろふさわしくないので市議もやめるべきでは?

人を疑うことには一定の責任が生じます。また当事者ではなく、信用するに足る確固たる証拠もないのにそれを不特定多数の人に拡散するのは一般人でもダメです。更にそれが発言に影響力のある市議だとすれば大問題だと思います。

今回の件できっちり処分される事が今後の抑止力になると思う
なので処分されたら大々的に拡散するべき

身元がはっきりして立場もあるから訴えやすかった市議が多くの中から選出された感じですね。
最初に犯人と決めつけて拡散はじめた人は特定が難しいのかな?

安易に拡散させた人は勿論、初めに間違った情報を出した大元の人も罰せられるべき。
突き止めるのは難しいかもしれないけど。
悪事を働いた人を晒す行為は警察以外がやってはいけないと思う。

ぜひ頑張って始めに投稿した人物を特定して欲しいね。
恐らく他人の迷惑も考えず不確かな情報を投稿した人物は他にも余罪があるでしょうから。

この市議は立場的にもわかりやすいから提訴の対象になったと思うが、他にも拡散に関わった者は多くいるだろう。その全員が、現在の地位とかに関係なく何らかの処罰を受けるべきだと思うね。

 

最後に

以前より被害女性はデマを拡散した人を提訴すると宣言していました。

今回の場合は市議という公の立場にあることから提訴の対象になった面もあると思います。

それにしても謝罪で本名を晒すあたり、どうしようもない人ですね。

以上


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-社会
-, ,

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.