女性トイレに侵入・盗撮で名古屋産業大学の助教「荒川真吾」が逮捕! 携帯電話で上から

名古屋で女子トイレに忍び込み、盗撮したとして大学助教が逮捕されています。

逮捕された助教について調べていきます。

以下、報道の内容

愛知県警は19日、名古屋市瑞穂区軍水町1丁目、団体職員荒川真吾容疑者(29)を県迷惑行為防止条例違反と建造物侵入の疑いで逮捕したと発表した。名古屋産業大学(同県尾張旭市)によると、荒川容疑者は同大の助教という。  守山署によると、荒川容疑者は18日午後3時半ごろ、尾張旭市にある施設の女性用トイレに侵入し、トイレの個室にいた女性(40)を撮影する目的で、ドアの上から携帯電話のカメラを向けた疑いがある。  気づいた女性が叫び、施設関係者が110番通報した。荒川容疑者はその場から逃走したが、駆けつけた守山署員が発見した。事情を聴いたところ、関与を認めたという。

出典:朝日新聞デジタル

犯人の詳細について

写真未公開

【名前】荒川真吾

【年齢】29歳

【性別】男性

【職業】大学助教

逮捕されたのは、大学の助教を務める「荒川真吾」容疑者です。

荒井容疑者は、尾張旭市のとある施設で女子トイレに侵入し、ドアの上から携帯電話で盗撮したとして逮捕されています。

容疑の関与を認めているようです。

 

大学の助教は教授の卵と言っていい存在だと思います。

学問を究めようとしている人が、このような犯罪で逮捕されると悲しく思います。

なぜすぐばれるような犯罪を犯したのか理解に苦しみます。

事件の起きた場所について

【住所】愛知県尾張旭市

事件は「愛知県尾張旭市」で起きたようです。

ネット上の反応

私もトイレの個室に入った後、忘れ物をしたことに気が付いて用を足さずにすぐに出たら、男の人がすぐ隣の個室に入ろうとしていることがありました。こういうのって、本当に恐怖でしかありません。性犯罪はとにかく厳しく罰してほしいです。

スマホでの盗撮も含め電子機器の進歩・小型化や倫理観の多様化と共に、この手の犯罪は防止が難しくなっていると思います。
 
 厳罰化も重要ですが、防止に関してより積極的な手段を探す必要性があると思います。(それこそ、電子機器の進歩も利用すべきでしょう)

外のトイレは盗撮用カメラが設置してある
可能性があるのでなるべく利用しないようにしている。デパートで2回見つけた事があります。

最後に

このような事件を見ると、おちおち外でトイレに行くことも憚れますね。

設置型のカメラで盗撮するような事件もあるので、利用する前に少し確認した方が良さそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.