【名古屋走り】高速道路であおり運転 逮捕された建設会社社長「星崎昭吾」の顔が判明!大声で威嚇も

愛知県の高速道路であおり運転をしたとして建設会社の社長が逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

24日、愛知県警が公開したあおり運転の一部始終。

名神高速を走行中の車の前に、突然、割り込んできた車。

ハンドル操作と急ブレーキで、何とか事故を避けられたと思ったのも、つかの間...。

今度は、料金所を出ようとしたところで急ブレーキ。
車内には、警報音が鳴り響く。

この映像が決め手となり、24日、暴行容疑で逮捕されたのは、建築会社社長・星崎昭吾容疑者(45)。

星崎容疑者はなぜ、あおり運転に及んだのか。

公開された映像に、その理由が記録されていた。

被害者の車の右側から現れたのは、星崎容疑者の運転する車。

接触寸前まで幅寄せしてきたのがわかる。

被害者は、危険を知らせるため、クラクションを鳴らした。

すると、星崎容疑者は一度前に出た被害者の車に...。

今度は、左側から幅寄せし、窓を開けて“威嚇”。

その後、冒頭にあったあおり運転が繰り返された。

高速道路上での蛇行運転に、道をふさぐ、あり得ない行為まで。

危険を感じた被害者は、警察に通報する。

すると、星崎容疑者は通報に気がついたのか、スピードを上げ、その場から走り去っていった。

25日朝、送検された星崎容疑者は、調べに対し「ウチもやられたもんでやったんです」と話している。

警察は、進路変更をめぐって、腹を立て犯行に及んだとみて、くわしく調べている。

出典:FNN

犯人の詳細について

【名前】星崎昭吾

【年齢】45歳

【性別】男性

【職業】建設会社社長

逮捕されたのは、建設会社社長「星崎昭吾」容疑者です。

星崎容疑者は名神高速で、車を幅寄せ急ブレーキを踏むあおり運転をしたとして逮捕されています。

ドライブレコーダーに残された映像で逮捕に至っています。

容疑に対して「ウチもやられたもんでやったんです」と話しているようです。

 

事件の発端となったクラクションの映像を見る限りでは、無理な車線変更をしようとした星崎容疑者に警告する正当なクラクションだと思います。

あおり運転の様子は非常に悪質で事故が起きてもおかしくない状況でした。

仮にあおりを受けたと感じたとしても、相手をあおっていい理由にはなりません。

ネット上の反応

あおり運転のこのようなケースたまにみかけますが結局威嚇してなにがしたいんでしょうか。謝らせるなり殴るなりして優越感かなにかに浸りたいんでしょうか。

逮捕の社長がどこで被害を受けたのか分かる人いますか?
最初の幅寄せも危険だけど、高速道路上の追い越し車線で停車させるって行為は死亡事故直結じゃないですかね。

煽られる原因となった映像がないので
何とも言えませんが
煽られる方にも何かあったのでしょうね
意味も無く煽る人も中にはいるかと思いますが
何かしらあったはず

最後に

あおり運転は何の利益ももたらさない無駄な行動だと思います。

下手したら自分の車に傷がつくかもしれないのになぜあおりをするのか理解できないです。

ドライブレコーダーは標準装備した方が良いかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.