社長、コイン駐車場の順番で怒り心頭!相手を引き飛ばしてしまう。逮捕された社長の詳細について

愛知県名古屋市で、会社の社長がコインパーキングの支払順番で口論となり、出庫の際に相手を車で接触させケガをさせた疑いで逮捕されています。

逮捕された社長の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

1月1日、名古屋市熱田区でコインパーキングの精算の順番を巡るトラブルの末、相手の男性に車を接触させケガをさせたとして、37歳の会社社長の男が逮捕されました。

 逮捕されたのは、名古屋市守山区に住む会社社長・村上徹容疑者(37)です。

 警察によりますと、村上容疑者は1月1日午後11時半過ぎ、名古屋市熱田区の交差点で乗用車を発進する際、男性(46)に接触させケガをさせた傷害の疑いが持たれています。

 男性(46)は転倒し頭や腕などを打つ軽いケガをしました。

 村上容疑者は男性とコインパーキングの精算の順番を巡って口論になり、男性の通報で警察官が駆け付けると車を発進させそのまま逃げたということです。

 警察は車のナンバーなどから村上容疑者を特定しました。

 調べに対し、村上容疑者は「車を発進させた時、車の周りに人はいなかった」と容疑を否認しています。

引用元:東海テレビ

犯人の詳細について

写真未公開

【名前】村上徹(むらかみ とおる)

【年齢】37歳

【性別】男性

【住所】名古屋市守山区

【職業】会社の社長

逮捕された社長は「村上徹」容疑者です。

37歳と、比較的若い社長となっています。

 

パーキングの支払順番でトラブルとなり、頭にきた社長が車で追突した疑いがあります。

事故の様子は防犯カメラで撮影されており、ナンバーから村上容疑者が特定されています。

 

事件の状況を見ると、あまりに幼稚なやり取りだと感じました。

社長という立場にもなって、車で接触してお咎めなしとならないわけが無いと、分からなかったのでしょうか。

 

社長本人は容疑を否認していますが、防犯カメラで撮影されていることから、ほぼ間違いないでしょう。

事故の起きた場所について

事故現場の詳細については特定できませんでした。

「名古屋市熱田区の交差点」で接触があったようです。

被害者は、頭を軽く打つ軽傷だったようですが、一歩間違えれば殺人になっていた可能性があります。

最後に

事故は元旦に起きたようなので、恐らく初詣の帰りだと思います。

たった数秒の支払で喧嘩をする、あまりに幼稚な出来事で、大人が起こした事件とは思えない内容です。

稚拙なことで自分の会社の信用も失う最低の行為となっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-社会
-, ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.