強豪柔道部顧問がプラスチックバットで体罰!顧問の顔と学校の詳細について

和歌山県にある柔道強豪校の顧問が体罰で逮捕されています。

体罰には、野球などで使うプラスチックバットを使用したことが分かっています。

問題があった学校や柔道部の顧問の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

和歌山県有田市立箕島中の柔道部顧問の男性教諭(38)が、部員の中2男子生徒の顔面をプラスチック製バットで複数回殴打する体罰を加えていたことが28日、市教育委員会や同校への取材で分かった。教諭は今月下旬から部の指導を外れている。同部は全国大会に出場したことがある強豪。

 市教委などによると、15日の朝練で生徒を個別に武道場に呼び出し、プラスチック製バットで両頬などを複数回殴った。生徒は唇の下を切るけがをした。同日午前に教諭が校長に申告、生徒の保護者に電話で謝罪した。

 教諭は学校の聞き取りに「駄目だと分かっていたが手を上げてしまった」と話している。

引用元:共同通信

プラスチックバットで体罰を行った学校とは?

【学校名】有田市立箕島中学校

【住所】〒649-0304 和歌山県有田市箕島79

体罰事件があった有田市立箕島中学校の柔道部が残した成績は以下の通りです。

参考

【大会実績】
男子団体
H28  和歌山県中学校総合体育大会 優勝
近畿中学校総合体育大会 出場
女子団体
H29~R1 和歌山県中学校総合体育大会 優勝
近畿中学校総合体育大会 3位
全国中学校柔道大会 5位

男女個人
2018 ポーランドカデ国際柔道大会 優勝(女子44㎏級)
全国中学校柔道大会 優勝
和歌山県中学校総合体育大会 優勝

女子柔道部は和歌山県大会で3連覇している強豪校であることが分かります。

男子も和歌山県大会で優勝した経験を持っていることから、指導の手腕は相当なものだと考えられます。

体罰を行った柔道部の顧問

【名前】土井智之尚

【年齢】38歳

【性別】男性

【職業】中学校教師

【勤務先】有田市立箕島中学校

和歌山県の若きアスリートを紹介する番組「yell」で、箕島中学校が取り上げられ、監督のコメントがありました。

以下、youtubeで公開されている動画

生徒のインタビューでは「人としてきちんとできなければならないこと、あいさつや掃除など、そういった当たり前のことを当たり前にやることをきちんと教わりました。」と語っていることから、礼儀については厳しく指導をしていたことが分かります。

とはいっても、このご時世でプラスチックバットを用いて体罰を行うのは非常識であると考えます。

体罰を受けた生徒は、頬などを殴られ、唇を切っていることも報道されています。

問題の教師は、「駄目だと分かっていたが手を上げてしまった」と話していますが、プラスチックバットを柔道場に持ってきている時点でおかしい事には気づかなかったのでしょうか。

最後に

今のご時世、体罰に本当に厳しい世の中になり、生徒に手を上げることは許されなくなっています。

今回のように、プラスチックバットという凶器を持ち出して生徒に暴力をふるうのは、昔でも体罰の域を超えていると感じました。

下手をすると、後遺症が残るようなケガを負ったり、最悪の場合は死に至ることもあります。

生徒への謝罪は済ませているようですが、深く反省する必要があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-社会
-,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.